読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドル好きのメモ帳

ハロプロ、48Gを経てジャニ沼に落ちた人の自己満ブログです。

シンメ、コンビ、カプ萌えの話。

すっかり秋通り越して冬ですね。なんとなくデザインを変えてみたりしつつ、もうすぐCDデビュー日だし、だいぶ書きたいテーマは消化してきたけど、年末までに一旦書き切りたいので頑張る! というわけで、今回はシンメ、コンビの話をしようかなと思います。妄想炸裂するぜ~!

えっと、まず私はシンメって言葉自体にあんまり馴染みがない。また比較の話から始まるけども、48Gは選抜やポジションが毎回変わるから、本来的な意味でシンメと呼べるケースはかなり少ないし(乃木坂はあるけど)、ハロプロもポジション発信の組み合わせってあんまり思い浮かばない。だからシンメというよりは、仲良しコンビとかカプっていう言い方のほうがしっくりくるし、あとはツートップやダブルセンターとかね。48Gのあつゆう、じゅりれな、さやみるきー辺りは、ライバルであり戦友でありみたいな独特の関係で面白いなと思うし、ハロプロだと仲良しコンビ、私はさゆえりとななりん(ななりんとは宮本佳林ちゃんと田辺奈菜美ちゃんのことです。研修生時代のこの2人のニコイチ感が最高に好きだったので、思い出すとツライ…)が凄く好きだったなあ。表に出てくることはもうないかもしれないけど、今でも仲良しだと信じてる…!

まあ女子は何をするでもなく普通にしてても距離感近いし、グラビアで絡ませるのも定番だし、ライブ中テンション上がってキスしたりハグしたりとかも当たり前だし、あとSNSではプライベート感強い写真とかもいっぱい見られるし、ある意味供給は多かった気もするけど、でも狙った感じがしない所が良かった。ガチ感が大事で、狙いすぎるとつまんない。そう考えると、ジャニーズは結構明け透けな所があるというか、雑誌とか番組でも意図的にそういうとこ見せてくるし、本人たちも恐らく分かっててやってるとこはあるだろうし。需要があるのは分かってたけど、それを理解して自らもきっちり供給してくるんだな…というのは少し意外だったかも。ガチでも困るし完全にビジネスじゃつまんないしっていう微妙なところとか、ビジネス臭に対して寛容というか割り切って楽しんじゃえるところも、女子ヲタならではだなと思ったり。“嘘”とか“偽物”とか“表裏”みたいな事への拒否反応が強いのは圧倒的に男子ヲタだしね。自分が介入しない世界観、ってつくづく愛でる文化なんだなと思いました。それに、先日伊野尾さんについて書いた時に、自分が推す対象が異性になることで危惧していた意識の違いがさほど生まれず、女子も男子も私が求めてるアイドル象は同じだったなと確信したんだけど、でもこのコンビ・シンメの話になると、途端にかなり強い補正が掛かる。やっぱり女子アイドルより、男子アイドルのカプ話のほうが萌える。まあ私は本質的に腐の人だから当たり前なんだけど、こういう感じ久々でなんかほんと楽しい。ウキウキしちゃう。

現実に生きてる人たちだから、ちょっとたまにギョッとするようなことを言ったりやったりするじゃないですか。どこまで狙ってやっているのかなとか、本人達が何を思っているのかなとか、そういう疑問って二次元にはない感覚で。前にも書いたけど、二次元は全てが作家さんの頭の中の出来事だから、その出来事やエピソードには前後もないし裏も存在しないんですよ。というか、描かれている以外の事は読者の妄想でしかない。でも三次元はちょっと違っていて、裏もあるしそこまでの流れもその後も全部ある。何が起きているかは分からないけど確実に何かは起きていて、期待通りかもしれないし期待外れかもしれないし、それは私たちの立場では知る術もないから(だったら無いのと同じじゃん、という意見も最もなんだけども、ないかもしれないよりはあるかもしれない、と考えるほうが楽しいでしょ)、何というか妄想と現実の境目が不明瞭な感じ。そこが二次元とはちょっと違うよな、良くも悪くも。

と、前フリが長くなりましたがJUMPの話に移ろう。たぶん圭人くん総流しになるし、そもそも全然まだまだ知らない事が多いしで、たぶん現実と妄想と願望とが入り混じるので要注意です。順番は、もう思い付いた順! まずはやっぱりやまけとかな。

f:id:nancy:20161108172202j:image

きっかけは山ちゃんの『夜会』だったと思うけど、その時は「いやいやいやいや、二十歳超えた男子が2人でカフェとか買い物とか行く!?」と、まず単純にビックリした。飲みとかカラオケぐらいなら分かるけど…カフェとショッピングとは…? 女子かな? 今なら、JUMP自体が結構メンバー同士仲良しだからその延長線上なんだろうと思えるけど、最初見た時はちょっと意味が分からなかった。これはテレビ向けのリップサービスか何かなのかな、って。でも違ったし思ったより全然ガチだった。何コレ、女子アイドルじゃん。女子アイドルの仲良しコンビじゃん、と。

その次はラジオ。私は新規にアイドルを好きになった時は、まずラジオの音源から当たる(比較的拾いやすい&ガチヲタ向けコンテンツだからメンバーの事をわりと正確に把握できるため)事が多いんだけど、そこで例のGPS話を聴き混乱する。やっぱりちょっと意味が分からなかったし、未だによく分かってないけども、とりあえず萌えが天元突破する。そこからは過去のテレビ、ラジオ、雑誌等々で2人の絡みやお互いについての発言などを見るたびにニヤニヤし、極めつけは8月の横アリで見せつけてくれたケイティと涼介の寸劇。あれで完全に沈没しました(同じく圭人くんにオチたのもこのタイミングだった)。

自分が現代の三次元男子のコミュニケーションの作法を全然知らなかったんだなって思い知らされた気分でした。どうやら最近の美しいビジュアルをお持ちの三次元の男子たちは、お互いに「カッコイイ」「可愛い」と言い合えるし、一緒に出かける事を“デート”と呼ぶし、ハグもほっぺにチューも普通に出来るし、お揃いのアクセ持つし、壁ドンも床ドンもするし、イチャイチャする事に抵抗ないらしいぞと。今まで「ハイハイ、ビジネスビジネス」とか捻くれた事思ってた小さい自分を恥じたい。大事なのは真実ではなく、信じたいと思えるかどうかであると。

じゃあ、やまけとの魅力って何かなと考えるんだけど、一番はやっぱり圭人くんが一方的に山ちゃんに憧れてて大好きでどんなにツンツンされても怯まずグイグイ行ってるように見えて、同じぐらい(下手したらそれ以上に)山ちゃんが圭人くんの事を大好きな所、でしょうね。山ちゃんが圭人くんにちょっと常軌を逸したレベルで心を許している事は間違いないと思うんだけど、同じく仲良しの知念くんに対する信頼関係とはちょっと意味合いが違うじゃないですか。山ちゃんと知念くんは、JUMPとしてもジャニーズとしてもアイドルとしても凄く近い存在で、事務所からの扱いも、アイドルとしてのポテンシャルや完成度の高さも、その才能のあり方もよく似た2人で、常に比較されて切磋琢磨してきた、今後もしていくしかないライバルであり、お互いにしか分からない楽しさとか苦しさとか苦労を共有している仲間でもり、多分お互いに負けたくないって思ってる、そんな関係だと思う。これは裕翔くんとの関係も似た所があるだろうね。

でも圭人くんは残念ながら(あるいは幸福な事に…)、そういう意識を持つ対象ではない。いや、最近はどうか分からないけど、長らくそういう対象ではなかっただろうなと思う。その代わり、他の2人とは全く違う役割を担ってる。良くも悪くも圭人くんは、山ちゃんが知念くんや裕翔くんに対して抱くある種の重圧とは無縁の存在。自分とは扱われ方もポジションもスキルも全く違う、にも関わらず、拗ねたりイジケたりグレたりせず素直に成長して、いつだって山ちゃんを受け入れてきたのが圭人くんだから。JUMPの先頭に立って、色んなプレッシャーの中で生きている山ちゃんにとって、昔から変わらず自分を慕ってくれる圭人くんが一緒にいてくれる事は相当居心地がいいだろう。圭人くんの山ちゃんに対する愛は、言ってしまえば無償の愛に近いから。圭人くん自身がそれをどう認識しているかは分からないけど、これって誰もが出来る事ではない。親子だって出来ない人は出来ないからね。圭人くんの生まれ持った性質だったり育ってきた環境だったり人生経験だったり人間関係だったり、そこから培われた素晴らしい才能だと思う。

まあ愛の量は圧倒的に圭人くん→山ちゃんなんだけど、愛の質は山ちゃん→圭人くんだろうなと思っている。圭人くんは大きいハートをいっぱい持ってるけど一個一個は軽そうで、山ちゃんは小さいけど重〜〜〜いハートを一個だけ持ってる感じ。で、秤に載せたら釣り合うやつ。極論、山ちゃんがいなくなっても圭人くんは生きていけるけど、圭人くんがいなくなったら山ちゃん生きていけなくなりそうだもん。まあ逆に言うと、山ちゃんにはそういう儚さを感じるんだよね。

むむ、いい感じに熱くキモくなってきたな。ま、実際は普通に気の合う親友なだけだと思いますけどね! はい。では次はKC、ちねけとちゃん。

f:id:nancy:20161108191931j:image

『僕とけいと』の歌詞にもあるけど、とにかく自由気ままな知念ちゃんにニコニコしながら嬉しそうについていく圭人くん、っていうのがちねけとのイメージ。DEAR.コンでの『僕とけいと』があまりに癒やし空間過ぎたし、あの、圭人くんの中にすっぽり収まりそうな知念ちゃんのサイズ感…キャワキャワかよ…。私は人見知りでチワワな外向け知念ちゃんより、メンバーといる時とかちねジャンの時のクールで腹黒ちっくな知念さんが好きです。ちねジャンほんと面白くて好き。だから圭人くんと一緒にいる時の知念ちゃんが大好き。癒やしコンビでありながら、ピュアピュア天使な圭人くんと腹黒小悪魔な知念ちゃん。可愛いね。

ただし、過去を掘り返すとちょっとやばい感じの2人でもある。私がJUMPを見るようになってからは、割と普通に仲良しコンビって感じだけど、昔は、特に圭人くんが知念ちゃんを好きすぎて、個人的にはちょっと引くレベル。圭人くん…キモいよ(真顔)。「やまけとはガチ過ぎて苦手」って意見をたまに見聞きするんだけど、私からすると圭人くんの知念担っぷりのほうがガチ過ぎてちょっと苦手かもしれない。でも知念ちゃんについては完全に盲目になっちゃう圭人くんはやっぱり可愛い。

次はゆとけと! とりんとりん! かわいいかわいいとりんちゃん。

f:id:nancy:20161108172638j:image

まず名前が可愛い。最初は、「何やねん“とりんとりん”て、成人男子に向かって」ってなってたけど、理由を聞いてたら、だんだん…“ゆうとりん”と“けいとりん”でとりんとりん…? 可愛いなオイ。萌えるじゃないか! とりんちゃんは最近私の中で人気急上昇中でして、シンプルに一番好きなコンビかもしれないなと思い始めているんですよ。やまけとやちねけとがどうしても圭人くんが一歩下がって追っかけてる状態なのに対し、とりんちゃんの対等な感じというか…2人のお互いへの温度差があまりないところが良い。強すぎず弱すぎず、真面目なこともおふざけも何でも楽しそうにやるし、ライブ中にすーぐイチャイチャする所も素直な2人の性格が出てるし(ファンタ初披露時のMCで何故か裕翔くんに抱きついた圭人くんの映像化が待たれる…)、そういうのにテレがないところ、カッコつけないところとか、中身子供のまま大人になったような2人のやり取りを見てると多幸感が半端ない。

またどんなにふざけても悪ノリにならない所が、2人の育ちの良さを感じるのよね。裕翔くんなんか特に意味不明な事するし、言うけど、それにちゃんと付いてきちゃう圭人くんも面白い。付いてきちゃうっていうか、裕翔くんに限らずだけど、誰が何をやっても絶対引かないっていうか…基本されるがままなんだけど、ニコニコしてなんでも受け止めちゃう感じ。圭人くんの謎の包容力ね。

天然大型犬コンビなくせに、それでいてバンドの時のあのカッコ良さ。2人とも楽器持つと豹変するし、そのギャップがすんごい。強い。最近は裕翔くんのパーフェクトビジュアルに圭人くんが追いついてきてるというか、裕翔くんがすくすくとキレイに成長していくのに対してて、圭人くんは突然確変モードに入ったりして、結果全然引けを取らないのが素晴らしいなって(推し補正入ってますかね…)、なんかもう…ちょっと言葉が思いつかないぐらい、2人の並び大好き。ゆとけとのシンメはダンスもいいけど、ユニゾンの時の声も好き。もっと2人一緒に場面増えて欲しいな。

次はやはり、ひかけと兄弟、行っときましょうかね。

f:id:nancy:20161108172715j:image

でも新規なので、ひかけとに関してはあんまり知ってるエピソードが多くはないんだけど、少ないながらも1個1個のエピに破壊力があるのがひかけとかな。一番印象的なのは、やっぱり『JUMPing CAR』の特典映像での「光くんの事、お兄ちゃんだと思ってる。」発言だろうか。山ちゃんにも知念ちゃんにも裕翔くんにも、基本的にデレな圭人くんだけど、光くんに対しては、デレを通り越してなんていうか…甘えん坊な弟! ってなっちゃうの可愛いし、でも数年前までは隣にいると緊張しちゃう大先輩だし。光くんもどちらかと言うと圭人くんに対してはツンツン…というか何なら他の誰よりも当たりがキツイんだけども、でも愛があればこそというか。MCでも何だかんだと話に入っていけない圭人くんを気にかけてくれてるもんね(大体ポンコツかゴリラいじりだけどね)。

ひかけとで1番好きなエピソードは、昔の雑誌のインタビューで光くんが「僕、JUMPの中で圭人が一番可愛いんで。」って言ってた話。きっとこれって圭人くんをデビューからずっと(薮ちゃんと一緒に)面倒みてきた光くんの発言だからこそ響くというか、本当に愛のある言葉だなあって感動して。それに、圭人くんも単なる手のかかる後輩ってだけじゃなくて、ちゃんと努力して頑張っているのを知っているから、光くんもこう言ってくれたんだろうなって思う。だけども、基本的に光くんにとって圭人くんは手のかかる可愛い後輩だし、圭人くんにとっては、一緒にいると緊張しちゃう憧れの先輩で、その関係性はきっと変わらないんだろうな。変わらないでいてほしい。

この後がちょっと悩むんだけど…ありけとかなあ

f:id:nancy:20161108192014j:image

JUMPの良心ツートップ。大ちゃんは伊野尾さんとか山ちゃんとかがコンビとしては人気高いのかなと思うんだけど(個人的にはベイジャンコンビが好きなんだけど)、メンバー全員と仲良しだし、あと意外と圭人くんともよく遊びに行ったりしてるっぽいのよね。最近だとDEAR.コンの札幌公演の宣伝で地元の局周りをありけとでしてたけど、観覧車乗った話は萌えたし、番組で仲良さそうにお喋りしてるのも微笑ましかったな。私の中ではちねけと以上に癒し系コンビ。ちねけとはビジュアルは癒し系なんだけど、しゃべると悪ふざけする知念ちゃんと振り回される圭人くんだからちょっとハラハラするけど、大ちゃんと圭人くんは安心して見ていられるし、なんかもうひたすら愛おしいコンビだなって思う。札幌で2人でテレビ出た時に、番組から「メンバーの中で愛されキャラなのは?」って質問に対して、2人とも知念ちゃんの話をしてたんだけど、「いやいや、まず君達2人だろ」ってメッチャ思ってたもん。

あと圭人くん相手だと、大ちゃんがすごいシッカリしてるのも面白い。大ちゃんて普段はボケの人だから、ヒルナンデスの時なら光くんに任せっぱなしで自由に喋ってるし、伊野尾さんとはボケ合い漫才みたいになるし、山ちゃんにはひたすらツッコミ待ちって感じだし。圭人くんと2人だとボケてらんないし、ちょっといつもより大人っぽい大ちゃんが見られて新鮮だし、お兄ちゃん面してる大ちゃんがまあ可愛い。小さい兄と大きい弟。小型犬と大型犬。あとこれは自分でも意味不明なんだけど、圭人くんには、とりあえず大ちゃんをおんぶしてて欲しいっていう願望があるな〜笑。

最後はいのけとの話をしましょう。

f:id:nancy:20161108172929j:image

まあ現状だと単に私の一推しと二推しコンビってだけなんだけど(伊野尾さん絡みだと圧倒的にいのたか推しなので)、実際どうなんだろうな~。JUMPはいろんな組み合わせがあるけど、プライオリティは低そうな2人ではある。あんまり2人のエピソードも多くないし、絡みも少ないイメージだけど、大学進学コンビだし、愛追I隊だし、JUMPバンドメンバーだし、天然・変人コンビだし、あと元干されシンメだし…わりと接点は多いような気がするけど、それぞれ本命コンビが色々あるからかな。…誤解を恐れずに妄想を言うと、私的にいのけとは完璧なおねショタなので。美人で変わり者の姉・伊野尾さんと、ポンコツだけど体力だけはある弟・圭人くん。クソ萌えるし、こんな完成度の高いおねショタなかなかいないよ! とりあえず、圭人くんにはライブ中に伊野尾さんをお姫様抱っこして欲しい。もうしてそうだけど。

ちょっと話逸れるけど、先日やっと『JUMP WORLD 2012』のDVDを買ってきて最近観てるんですけど、圭人くんも伊野尾さんも映ってなさ過ぎて泣けた。ゲストの優馬くんとかバカレア組のほうが見せ場あるってどういう事なの…。とか思いつつも、ちょっとだけ、この時期の干されシンメだった2人に会いたかったなって思ってしまった自分がいる。多分あんまり良い事ないと思うし、そう思えるのは今の伊野尾さんや圭人くんを知ってるからだろうけど、もう少し早く2人に出逢いたかったなぁ。

まあ、でも真面目な話、伊野尾さんはわりと圭人くんの事を気にしてくれてるんじゃないかな、って感じる事は多い。それが最近の出来事なのか、昔からそうだったのかは分からないんだけど、もし最近の事なのだとしたら、伊野尾さんのブレイクが影響してるのかもな…ってちょっと思う。自分が積極的に絡んでいく事で、少しでも圭人くん(だけじゃなくて他のメンバーもだけど)が見つかって欲しいって、思ってくれて…るかは、分かんないけど。全然そんな意図はなく私の単なる勘違いかもだけど。でも、もしそうだったらちょっと嬉しいなっていう話でした(う~ん、これ、今回の話の中で一番の妄想かもな〜)。

以上、私が語れる範囲内のコンビ話でした。本当は圭人くん絡みではない所で、いのたかとやぶひかについては語りたい事があるんだけど、長くなっちゃったんで別の機会に取っておきます。あとやぶけととゆやけとがなくてゴメンよ…。まだまだ私の勉強不足です! おしまい。

広告を非表示にする