アイドル好きの言い訳

いろんなアイドルの話をしてるだけです。

幸福論

こんにちは。BOYNEXDOORのカムバが4月に決まりました。嬉しいというよりはホッとしたというか、メンバーも「もう少しだけ待って」とは言ってたけど、ハイブ君わりと平然と放置したりするところあるんで、公式の発表出るまで信用できないのよな…。オタクのカムバに対する圧も日に日に強くなってたし、とりあえず具体的な日付が出たのは朗報でしかない(溜め込んでるビハインド系消化しないと…)。まあエナプの妹グルのデビューが3月に決まったみたいなので、ハイブ新人のデビュー待ちみたいなとこもあったのかもしれんな。

やっと推しのカムバが決まったーと思ってブログを書き始めたけど、それ以外は特に書くことがないっていうね。所詮は自己満ブログなので、自分のペースで更新できればいいかなとは思いつつ、あんまり書かない期間が長くなると更新というか書くこと自体が億劫になってしまうだろうなと思んで、せっかくわりと書くこと習慣化してきてるしそれを手放したくないみたいな気持ちはある。ので、今回はあんまりアイドルとは関係ない話をしようかなと思います。


椎名林檎 - 幸福論

紅白で久しぶりに椎名林檎さんを観てよかったーって話を書いたんですけど、最近ふと思い出して『幸福論』聞きたいなと思って調べたらMV(PV?)が出てきてびっくりした。あったんだなあ。当時はMVとかを見る機会ってTVでちょろっと流れるぐらいしかなくて、一般人にはほぼ馴染みのないものだったから、なんか不思議な感じがする。私は『勝訴ストリップ』に収録されてる悦楽編のほうが聞き馴染みがあって、それはそれですごい好きだったんだけど、今聞くと原曲もめちゃくちゃ良いなと思って、むしろこっちのほうが好きかもしれない。

というか『幸福論』ってこんなに良かったっけ?って思ってそれにもびっくりしちゃった。私は90年代後半から00年半ばぐらいまでの平成ど真ん中に一番J-POPを聴いてたんで(00年後半からアイドルに偏っていくので大衆曲はさほど聴いてない)、その時代の音楽が好きというか脳にこびり付いてる自覚はあるけど、それでも今聴くと時代を感じるというか、好きだけどやっぱり懐かしい音楽ではあるよなって思うし、一概に昔は良かったという気はないんですけど、でもこれで今デビューしても多分違和感ない。

流れで平成ヒットメドレーみたいな動画とかも見て、日本は女性ソロが本当に強いなって思った(男性はバンドが根強いイメージ)。ZARD安室奈美恵宇多田ヒカル浜崎あゆみ西野カナあたりの王道の歌姫が絶え間なく出てきてるのがすごいし、いわゆる王道路線以外にも松任谷由実とか中島みゆきとか竹内まりやとかもいるし。私は林檎さんもそうだし、川瀬智子とか川本真琴とか好きだったけど、でも別にそれがマイナーだったわけでもないし、全体的にめちゃくちゃ層が厚かったんだなって改めて思った。


Tommy heavenly6 - PAPERMOON

Tommyとか当時もこの世のものとは思えんほど可愛かったけど、今でも余裕で通用するんじゃないの。平成ブームだし。いやでも時代とか関係なく女子なら全員好きな世界観といっても過言ではないなと思うけど…。heavenly6とfebruary6でコンセプト使い分けるのとかも天才すぎるし、MVだってシンプルに技術が追いついてないだけで、今ちゃんと作り直したらめちゃくちゃ素敵な作品作りそうだし。でも良い意味で刹那的というか、この頃の彼女にしか表現できない世界観でもあるんだろうな。

なんか私がアイドルが好きなのって、林檎さんとかTommyとかセルフプロデュースが上手な女性アーティストを好きなことにも通じてるなって思ってて。これはわりと偏見もあるけど、男性と比べると女性アーティストってどんなジャンルの人でもアーティストとしての自分を演じてるみたいなのが強いなと思ってて、そうせざるを得ないみたいな背景もあるんだろうけど、私はそこに惹かれた部分が少なからずあったので。後々女性アイドルを好きになるものさもありなんって思ってますね。当時の友人には驚かれたけど…笑。

セルフプロデュースしてる女性アーティストと女性アイドルじゃ、一見真逆の存在みたいに思えるかも知れないけど、「世界観やコンセプトを理解して表現する」という意味ではそこまで違うことをやってるとは思ってないのよね。もちろんこの間のドゥルについて書いたみたいに、自作することによる説得力はあるんだけど、メタ的な説得力はそこまで重要じゃないというか…。で、そういう表現力においては男性アイドルは女性アイドルには叶わないって思ってたんだけど、ジャニとかK-POPを見てるうちに考えが変わってきて今があるみたいな感じ。

なんか完全に昔話に花が咲いちゃいましたが、アイドル以外の音楽をちゃんと聴くの新鮮で楽しいし、久しぶりに日本語の曲を色々と聞いてると、やっぱり母国語の歌っていいなってなる笑。当たり前すぎるけど。私は基本的に歌詞よりメロディ派で、歌詞もそんな読み込まないけど、独特の語感とか言葉遊びとかが理解できるのは大きいし、これを音でしか味わえないのはちょっと勿体ないなって思う。でも最近は昔の音楽も簡単にサブスクで聴けるし、過去の名曲が聴きたい放題なの本当に羨ましいな。ちゃんと好きなアーティストのCDは買ってあげてねと思いますが。

K-POP聴き始めて4年ぐらいだけど、ジャンルそのものに慣れてくると飽きるというか、アイドルに対してじゃなくてジャンルの特色とかシステムみたいなのに飽きちゃうところがあって。新しい音楽もグループもどんどん出てくるけど、わりと似たようなことの繰り返しに感じてしまう。新しいジャンルに来たときは推しだけじゃなくいろんなグループの音楽や情報にも積極的に触れてきたつもりだけど、もうそれも潮時なのかなと。新しいものを見てもそこまで新鮮さを感じられないというか、新しい情報は得られても、新しい感情は得られないみたいな感じ。

どちらかというと飽き性なほうなので、いかに飽きずにいられるかは大事というか、飽きないようにしたいなとは思ってるんですけど、このジャンルそのものに飽きちゃう現象はわりと避けられないなって思う。だからずっとジャニオタとかずっとハロオタとか本当にすごいなと感心しますね。1つのグループだけ推し続けるのは向いてないし、かといって雑食できるほど何でもいいわけじゃないから、程よく複数のグループを推すのが一番性に合ってるんだろうな。まあ最近は世の中的にもそれが主流なのかなと思うけど。

なんか今回アイドルの話するつもりなかったのに、結局アイドルの話になってしまったな。まあ私に何か書きたいことがあったとしても、アイドルのことぐらいしかないってことなんだろう。このブログがなんだかんだ続いているのもそのせいだし。というか推しが早くカムバしてくれればこんな雑談する余裕もなくなるはずなので、早く春になればいい。あとNJはいつカムバするんですかね。おしまい。

空白期間

こんにちは。ソルラルですね。正直K-POP追うようになるまで旧正月とか気にしたことなかったので(チュソクもそうだけど)、他国の文化って不思議だなあと思いながらコンテンツ見てます。他国の文化にすごく興味があるというわけでもないけど、ただ知識として情報を得るのとはまた違う楽しさはあるかなと思いますね。アイドルにとっての季節行事ってわりとコンテンツ化してるけど、一般人にとってはただの連休だったりするんだろうな。祝日はなんぼあってもいいですからね。


[SUB] 2003년 데뷔랑 2023년 데뷔랑 친구하기로 함 │ 재친구 Ep.26 │ 보이넥스트도어 김재중

この数ヶ月推しグルがカムバしてないし現場も少なめなのでわりと暇で、ブログ書くこともないなと思って過ごしてたんだけど、ジェヒョン・テハン・イハンが出たジェチングが面白かった話をしたくて書き始めた。ちょっと前にディノちゃんも出てたし、少女時代のスヨンとかママムのムンビョルが出た回を見たことあって、普通に面白いのは知ってたんだけど(ジェジュン氏の回しが上手い)、こういう外番組って大体オタクは聞いたことあるようなエピソードトークになりがちだけど、わりと知らない話も多くてよかったです。

私が知らなかっただけなケースもあるとは思うけど、ZICOとのレコーディングの話は初めて聞いたし、ステージは全部ライブでやってる話とか(日本の公演が含まれてるかはちょっと怪しいが)、ハイドマイクにこだわってるのは知ってたけど、それを本人たちの口から聞いたの初めてな気がするし。あとジェチングに「彼女はいる?」っていう定番の質問があって(ディノちゃんの回を見てたので知ってた)、イハン君が思いっきり天然ぶちかましてたの面白かった。メンバー以外が相手でもこんな感じなんだなって思って新鮮だったな。


IU 'Love wins all' MV

これは前回ブログで書き損ねてたやつだけど、IUちゃんのアルバムの先行曲の『Love wins all』かなりよかったですね。4分半もあってすごい聞き応えあったし、MVも凝ってて素敵だったし。しかもアルバムにはヘインちゃんがfeat.で参加するらしいですね。前にパレットで絶賛されてたけど、私もヘインちゃんの歌声好きなので楽しみ。ハイブは意外とこういうところ抜け目ないというか手広いというか手堅いというか…。もちろんIUちゃんからオファーがあったんだろうけど、やっぱり業界引っ張ってる会社はやることが違うな(これはチクチク言葉)。

あ、あともう1つしておかなきゃいけない話がありまして…笑。前回のブログでTWS君について「本当は7人組でWASURENAIはデビュー前に抜けたメンバー」説を書いたんですが、WASURENAIさん、普通にボムジュさんだったみたいでした(前回のブログ公開した直後に知ってタイミング悪ってなった)。結局はなんのための別名義なのかまではよくわからんのだけど、誤った情報を放置するのはアレなので、とりあえず訂正しておきます、すみません。元メンバー説面白くて好きだったんだけど、面白いからってオタクの妄想を共有しちゃあかんな。

というわけで、本当に大したこと書けなかったけど、今回はこんなところですかね。暇暇書いたけど、供給自体はめちゃくちゃあるから厳密には別に暇ではなく、ただブログのネタになるほどではないというか、今月は本当に書くことあんまりなさそうだなって。そう考えると去年はかなりバランスよくカムバしてたなと思う(何もなかったの3月6月12月ぐらい)。なんかあんまり空白期間あるとつい無駄に推し以外のグループをチェックしてしまったりしてよくないというか、別に興味湧いたグループがあったとかじゃないけど、大人しく待てない自分にはちょっと引いちゃうよね。

まあでもボネドは完全に準備期間に入ってるし、NJはもういつ出してもおかしくないし(いきなり来週って言われても驚きはない)、セブチは4月が濃厚っぽいし、TXTもファンミ明けぐらいには動きありそうだから、なんか春からGWあたりまで大変なことになるかもしれん。でも早く新曲聴きたいな…。特にNJはもう半年以上経ってしまってるし、早くフルアルバムを出してワルツやってほしいなーと期待してるんだけど、今年はまだ難しいかなあ…。ライブが無理ならファンミでもいいのよ。

一応月末にはSMTOWNとボネドとかライズが出る合同イベもあるので、その感想を書けたらいいなとは思ってます。来月から始まるHiHiと美少年のツアーも無事チケットがご用意されてほっと一息だし。HiHiはなんだかんだ毎年単独行けてるけど、美少年の単独は行くの2年ぶりぐらいじゃないかしら。だから実はまだアリーナで美を見たことないんですよね(先輩のバックならあるけど)。きっとかなり印象変わってる気がするのですごく楽しみ。今年は頑張ってもっとジャニに行きたいと思ってるので。チケ取れればだけど。おしまい。

Super Lady

こんにちは。無事に初詣に行ってきました。もう空いてるんだろうと思って珍しくそこそこ有名なところに行ってみたら普通に混んでて、世間もそんな感じなんだなと思ったり。おみくじで大吉が出て地味に嬉しかったんですが、ほぼいい事しか書いてない中に「一時の感情に流されてはいけません」ってあって。今年はこれをテーマに生きていこうと思いました。わりと流されやすいのでね。


(여자)아이들((G)I-DLE) - 'Super Lady' Official Music Video

ドゥルがカムバックしましたが、『Super Lady』なんかすごいことになってますね。最近のヨドルはナチュラル系かギャル系の二択みたいな感じだったので、久しぶりにゴージャス&パワフルなコンセプト見れて嬉しいし(今回のカムバ1億ぐらいかかってるらしい)、女性ヴィランにフィーチャーしたMVもカッコ良すぎるし、これを歌詞を読みながら聴くと本当に面白くて…。面白いって表現が正しいのかわかんないけど、(G)I-DLEにしか歌えない楽曲なのは間違いない。圧巻です。

前にも書いたけど、歌詞にしても映像にしても、これを自分達発信で作っているというのがもう強すぎるでしょ。他のガールズグループがどんなに“強さ”とか“自分らしさ”を歌ってところでやっぱり演者でしかなくて(それはそれの良さがあるのだが)、メンバーが作ってる説得力には絶対に勝てないし。しかもそれで売れてるんだからそりゃ強いわなと。その分批判も直接本人達に向くから大変だろうなとは思うんだけど、でもその覚悟を持って作ってるんだろうなと思うし。やっぱドゥルって現役グループの中では、本当の意味で唯一無二の存在だな。

個人的な好みとしては先行曲の『Wife』のほうが好きだし、あと収録曲もめちゃくちゃ良さげなのが揃ってるので(まだじっくり聴けてないけど『Doll』『7Days』『Fate』とか最高)、そういう意味で『Super Lady』がどういう評価になるかはわかんないけど、過去のドゥルの楽曲との対比で良し悪しはあっても、曲自体がイマイチみたいなことはない。やっぱり根本的に楽曲とかクオリティに関する絶大な信頼があるので、どんな楽曲が来ても好きになるのは最初から決まってるんだな。

『어떤 미래』の音源が出ましたね。ロック系も好きだけど(Rubyほんと神)、ウジ君の声にはやっぱりバラード合ってるなって改めて思った。オットンミレ、もちろん聴いたことあったし存在も知ってたけど、そのうちソロでアルバムとか出すようになったら聴ける機会もあるかもなぐらいに思ってたので、音源で聴けるのシンプルに嬉しいな。こういう形で世に出ることになったのはちょっと驚きだったけど、私は普通にありがたいです。ただ公開までの経緯(詳細は触れませんが)がちゃんと正しく伝わればいいなとは思ってますが。

セブチのスタジアムも発表されましたね。ずっとやるやる言ってたから驚きとかはなかったけど、Followのアンコンとしてスタジアムやるのはちょっと予想外だったかも。日本スタジアムツアー的な感じで仕切り直すかなと思ってたんで。基本的な構成は去年のドームのままってことだろうから、正直ちょっと心配なところもあるけど、スタジアムってほとんど行ったことないし(味スタと豊スタだけ)、日産は初なのでそういう意味では楽しみでもある。5月なら気候も良さそうだし。あ、もうチケット取れたつもりでいるけど、取れますよね…?


POW (파우) 'Valentine' M/V

POW君の新曲おしゃれすぎたなあ…。楽曲自体もそうだけど、潔いぐらいシックなMVが新人らしからぬ雰囲気があって良いなと思った。かなりシンプルな作りなのにそれを感じさせないのもうまいし。小さい事務所みたいだけどクオリティ高いの出してくるな…なぜか日本語も上手だったし(関係ない)。最近はあんまりゴテゴテしてるとちょいダサいみたいな風潮あるなと思うけど、それでもK-POPって基本的に引き算できないというかしないというか、とにかく特盛なイメージ強いので、こういう無駄のなさって新鮮だなって思いました。

そういえばTWS君の「本当は7人組でWASURENAIはデビュー前に抜けたメンバー」説を見かけて、なんか面白いなと思った。元々7人だったのは想像できたけど(グループ名の24/7とか、先行曲のタイトルに7が入ってたりとかしたので)、プレディスで制作に関わってる子がいないのも違和感あったし、メンバー編成が変わってデビュー時期がズレて季節外れになったのかな…とか考えるとわりと納得というか。ただのオタクの妄想で信憑性はないし、真相が明かされることもなさそうだけど、新人アイドルのエピソードとしては面白い。そういうのなんか好き(雑な感想)。

最近いろんな新人のデビューを見てて、ふと自分にとって最高の理想のデビュー曲ってなんだろうなと思って(K-POP限定の話ですが)。好きなデビュー曲ならいくらでもあるんだけど、「最高」と言われるとやっぱりエナジェしか勝たんなと。まあワナワンという存在自体が強いのもあるけど、その辺もひっくるめてエナジェを超えるようなデビュー曲ってなかなかないなと改めて思った。自分はアイドルに何かしらのエモを求めてるところはあるんだろうな。エモってなんやねんという話になるから、あんま軽率にエモエモ言いたくないんだけども。

あと楽しみにしていたITYZのワルツが発表されまして、代々木なら俄然行きたいってなって(去年と同じ幕張だったら嫌だった)、忘れないようにとモバイル会員になりました。モバイルってFC入るほどではない(年会費まで払うのは躊躇する)ぐらいのオタクには結構ありがたいシステムだなと思いつつ、同じような発想の雑食が群がるので、意味があるのかはわからんよね…。カラモバとかマジで何も仕事しないし。まあ一般先行の前にもう1回チャンスあるぐらいの気持ちです。おしまい。