アイドル好きのメモ帳

ハロプロ、48Gを経てジャニ沼に落ちた人の自己満ブログです。

たまアリ合同がエモすぎた話。

『ジャニーズ IsLAND Festival』に2日間行ってきました。もーめっちゃ楽しかったしかない。HiHiのクリエと丸かぶりで色々悩んだんですが、なにわ男子名義で参加する初の合同コンサートだし関東初上陸だし、春松竹も楽しかったけどあけおめ行けなかったの地味にショックだったし、しばらくなにわのコンサートっぽい現場なくなるし、「ここで行かずしていつ行くのか」という強い気持ちで行ってきました。

Jr.の現場でアリーナ規模の公演に行くのは去年のJr.祭り合同以来でした。この1年はずっとキャパ狭いところしか出入りしてなくて、一番広くてTDCかな…。狭いところで距離感近めの公演よりはドーンと派手なこれぞジャニーズ!みたいなコンサートのほうがどちらかと言うと好きなので、まあデジチケだし座席の問題とか色々ありましたが、めちゃめちゃ楽しみにしてました。たまアリ自体は去年のNEWSぶりでしたが(ちなみにNEWSのたまアリは落選して諦めました)、横アリとか城ホールよりも体感で一回り広い上に、前日にHiHiクリエを観てきたばかりだったのでキャパ40倍…高低差よ…となりつつも、やっぱり大きい会場はワクワクしますね。

公演は25、26日でしたが、プレ販のためにさいたま新都心に3日間通うことに。すのトラの事情は分からないけど、なにわは関ジュでもグッズ完売率高い7人が集まってるし、全員の個人うちわ買うためにはプレ販行く以外の選択肢はありませんでした。公演当日に始発で行くエネルギーもないしね…。24日から関東は夏日で30℃超えとなかなかしんどく、関ジュのあけおめとかこの間のTDCのように、どこに最後尾あるん…みたいな感じになってたらどうしようかと一緒に行った友人と戦々恐々としていたのですが、そこまで酷い目に合わずに済み、昼前について2時間ぐらいで無事買えました。結果的に翌日から売り切れ続出だったので大正解。結構みんな普通に大量買してて、需要と供給がマッチしているのは分かるけど代行で小遣い稼ぎする人増えたな…とか、やっぱり皆DDじゃんとか思ったり、なんか新鮮で学びがありました。

席は3公演とも1階スタンドで初日昼は上手側センステの正面、夜が下手メンステ寄り、オーラスがバクステ斜め前といろんな角度から楽しめて、個人的には満足度がめっちゃ高かったです。アリーナは楽しそうだったけど400・500レベル来なかっただけでよし(席にさほどこだわりがないとはいえ、スタトロもないたまアリで天井引くのはつらい…)。最初は、この3ユニの合同と聞いてどんな雰囲気になるのか、全然想像が付かなかったのですが、結果的にはすごくバランスの取れた3組だなと思いました。すのは大人っぽく、トラはダンス、なにわがキラキラとしっかりとキャラや特色が別れていて、それぞれに魅力があったし、すのが前の週末まで歌舞伎をやってたからもっとユニット毎にぱきっと別れた感じになるかと思いきや意外とシャッフルが多かったのも良かった。なにわだけオリ曲が少ないのと単独経験がないからそのへんを見越したセトリだったのかな…と思いますが、おかげですのトラとも遜色なくとても見応えがありました。

私のお目当ては勿論なにわだったのですが『なにわLucky Boy』から始まり、関ジュコンでお馴染みの『DialUp』『バンバンッ!!』『ロマンティック』『UME強引オン!』『ハチャメチャ音頭』、そしてちょっと意外で、でもめっちゃなにわに合ってたJUMPの『We are 男の子!』からの『ダイヤモンドスマイル』。完全に盛り上がり系に振り切ったセトリだけど、他のグループの選曲を考えたら正解だったと思うし、なにより本当に本当にキラッキラしてた…。なんかキンプリのキラキラとも違うしハイ美のフレッシュなキラキラとも違うし、何だろう?何なんでしょうか彼らは一体。私が過保護でお花畑なだけなの?と思ってたら一緒に入ったすの担の友人にも「なにわのキラキラは何なの?」って言われて嬉しかった。エモいってこういう事を言うんだろうなきっと…。何回聞いても『ダイヤモンドスマイル』の落ちサビというか大サビでグッとくる。

あすかなの影響ですっかり苺ちゃんにハマってしまい、ほぼ大橋くんを観ていたところがあるのですが、終始ぴょんぴょんしてて全身で踊って歌ってのパフォーマンスが最高でした。顔真っ赤で汗だくでねぇ…私汗だくになる子に弱い。そして歌選抜の『雪白の月』素晴らしかった…。初回、大橋くんが乗ってた真上に伸びるクレーンみたいなやつ(リフターって言うらしい)が結構近くてガン見してたんですけど、歌い出しミスってすごい悔しそうな恥ずかしそうな顔してたのとか、でもちゃんと立て直してしっかりサビの高音歌い切ってたのとか…涙。難しいパート任されたのが嬉しいのと同時に、もう頑張れって応援してました。あのキーが地声で出るの素敵だしいい声だなあ。恭平もよくあのメンツに混じって歌いきったなと思うし、脚怪我して結構しんどそうだったし、かなり大人しかったけどほとんど休むことなくステージには出てたし(『アンダルシア』の前半いなかったのは気付いたけどあとはいたよね)、よく頑張ったなと思いました。

ダンス選抜は丈くんは納得だったんですけど、まさかの長尾くん!多分一番ガチなメンツが揃ってたのでかなり大変だったのでは…と思うけど、でもトリオの中だと長尾くんはすごくダンスを頑張っているイメージがあったし、無難にアイドル選抜もありだったんだろうけどナイスファイトだなって思いました。そして、みっちーがめちゃめちゃ良かったですね。ラウールとの『青春アミーゴ』が最高だったのは言うまでもないのですが、何ていうか、全体的にすごく良かった。パフォーマンスがかなり様になってきたというか、わりとずっとバタバタしてる印象があって、一生懸命なのは分かるけど、素人感がなかなか拭えない感じだったのに、かなりしっかりしてきたなと。キメ顔とかも板についてきたし(オーラスのパン食い競走最高だった)、あと改めて本当に華のある子だなと思いました。勿論今までもすごいキレイな子なのは分かってましたけど、ちょっとこんな事言うのアレですけどもう他のメンバーとは生まれ持った何かがまるで違うのではと思ったよね。オタクがわりと言いがちな「お顔が天才」はみっちーのためにある言葉だわ。

大西畑はさすがの安定感というか、一番こういう大箱に慣れているな…という印象。関ジュ詳しくないオタクでも知ってる2人だしやっぱり人気もあるし、経験不足のトリオやメインになるのに慣れてない丈橋と比べると振る舞いの差はすごく感じました。実は大ちゃんに対してはあんまり興味がない…と言ってしまうと語弊があるのだけど、今までそれほどじっくり観る機会がなかったんだけども、本当に賢いよく出来た子だと思いました。アイドルとは何なのかわかってる人がグループにいるというのは、すごく大事な事だと思います。あと大ちゃんとはちょっとタイプが違うけど、丈くんの何ていうかサービス精神というか、引き立て役を買って出る感じとか(俺スカコントめっちゃ滑ってたけど笑)、ファンサ1つ取っても楽しませようとしてくれる感じ。これ出来るJr.はなかなかいないぞと関心しちゃいましたね。

あと観てて楽しかったのは、やっぱりユニット間の絡み。やっぱり合同の醍醐味ですよね。弟組はまだ緊張感漂ってたけど(ハイ美とはわりと交流あるんだけども)、上の3人はさすがに慣れたもんで、特に大橋くんの愛されキャラというか人たらし感というか、コミュ力おばけっぷりの一部を垣間見れた気がしてめっちゃ萌えましたし、やたらとファンサを強要する丈くんも面白かった。ああいう感じって関ジュの公演では味わえないから、すごい新鮮でした。公演後にアップされたIslandTVの動画も最&高でしたね…。松倉くんが「かずやかずやかずや!」って呼んでるのが可愛すぎた。なんて可愛い同じ年。長尾くんも意外とぐいぐい行くタイプで将来有望だなと。

すのトラは今まで単独公演を観に行った事がなくて、Jr.祭りの合同と帝劇ぐらいでしか観た事がなかったんですが、今回の合同で一気に好きになりました。9人のすのは色々言われる事も多いだろうけど「迫力あるな」っていうのが第一印象。今までの武器だったアクロが減った分、人数を活かしたパフォーマンスになってたし、加入3人がそれぞれ個性があって観てて面白かったです。9人っていう人数は武器になるけどその分苦労する事も多いだろうけど、今後も楽しみだなと思いました。トラは元々結構好きというか興味を持ちつつもなかなかそこまで手が回らない、みたいな存在で。でも今回、9人体制になったばかりのすの、勢いのあるなにわとの合同って事で大変だった部分もあったのかなと思うけど、世界観を作るのが上手なグループだなって思いました。完成度という意味では圧倒的。パフォーマンスやスキルっていう基盤があるからこそなんだろうけど、でも他の人が簡単に真似出来ないものを持っているグループだなと。そして松松がめっちゃ可愛かったです(私は松倉くん派)。

本当に楽しかったな…。マジで楽しすぎてロスって数日仕事が手に付かずフワフワしてました。今年はクリエも本当に楽しませてもらったんですけど、やっぱり私は大箱が好きなんだな、とつくづく感じた2日間でしたね。早くHiHiにもアリーナクラスの会場でやってもらってローラーで駆け回って欲しいなと心の底から思いました。おしまい。

f:id:nancy:20190530235931j:image

オブジェ、なにわ男子だけアウトライン取り忘れたみたいになってて笑った。