アイドル好きのメモ帳

ハロプロ、48Gを経てジャニ沼に落ちた人の自己満ブログです。

アイドルらしいアイドルがスキなんだなという話。

SEXY ZONE repainting Tour 2018』に参加してきました。去年の勝利くんと聡マリのサマパラに参加して以降セクゾは何もなく、更新直前にやっと出番きたーと思って迷わず申し込んだのですが、色々考えすぎて4連を取ってしまい、アイドル好きな友達を誘って全員初セクゾという状況で行ってきました。結論から先にいうと、もう最高過ぎました。予習のために聴き始めたベストアルバムが想像以上に良かったので、その時点で「これはやばいかもしれん」と思っていたのですが、めっちゃ良かった。素晴らしかった…。やっぱり直球路線の、アイドルらしいアイドルが好きなんだなって再認識しました。

最新アルバムもとてもカッコよくて期待値も結構高かったので実際観てどう思うかなと心配もあったのですが、まず普通にみんな歌が上手い。まあコレ割とどのジャニに行っても最初思うんですけど、何だかんだ毎年それなりのキャパの会場でツアー回ってれば嫌でも鍛えられるよねと。無意識にテレビのイメージが先行してるんだろうけど、そういうギャップにやられてるのかもしれん。私は別に下手な子や苦手な子はかぶせでも口パクでも全然問題なし派なんですけど、やっぱり歌上手いのはかっこいいなって。聴いていったのはベストと最新アルバムだけだったので、何曲か分からない曲もあったのですが、上手いと知らない曲でも引き込まれるんですよね。

今回のツアーアルバムの中で言うと『プンププンプン』『ラブマジ』『ぎゅっと』あたりは可愛くて爽やかでセクゾって感じで好きなのですが、『名脇役』『Unreality』『Luv Manifesto』『Sing along song』あたりも意外とよくて。何というか大人っぽい曲とかかっこいい曲をこんな風にパフォーマンスするんだ、という、ぼんやりと外から見ているだけだったセクゾのイメージを良い意味で壊してくれたというか。速攻で過去のアルバムも聴き始めているんですが、こんなに聴き応えあるならもっと早く気付くべきでした。やっぱりもうこれ以上ないぐらい推されてデビューしたグループが、そんな適当な曲を与えられるわけがないんですよ…アイドルに限らずですけど、力入れて売る気満々の新人に適当な曲提供するわけないし、間違いなくめちゃめちゃ気合い入りまくった曲もらえるんすよね。だから私はアイドルのデビュー曲が基本的にすごく好きなのですが、ジャニのデビュー曲ランキング作らせたら『Sexy Zone』トップかもしれないなと思いました。

あとすごくいいなと思ったのは、5人のチームワークというか、関係性やバランスの良さかな。仲が良いという意味ではJUMPもNEWSもそうだけど、デビューして10年近いグループと もまたちょっと違う…まあ色々な時期を乗り越えてきてるのは知ってましたけど、意外とフラットな感じで年の差を感じさせないと言うか、面白い関係性のグループだなあと思いました。メンバーの中で特に印象が大幅に変わったのは勝利くん。ふまけんと聡マリについては何となくイメージがあって、実際イメージにほぼ近い感じだったんだけど、勝利くんが上と下をこんなに上手につないでいるとは思ってなかった。MCでめちゃめちゃツッコミやってるのとか、年相応のやんちゃな感じも意外だったし。初々しいというか5人の中では一番いい意味で普通というか。あんな二次元みたいなビジュアルなのに、妙に地に足の着いた感じが面白い。本当に顔がキレイな事とめちゃめちゃ推されな事しか知らなかったもんで…言葉悪いけどお飾りセンターぐらいの事を思っていて申し訳ない。

あとはすっげー腰振りするな?とか、意外と客層の幅が広いな?とか色々思ったのですが、なんせ今回1公演しか入れなかったので。やっぱり2回は入りたいよね…(っていつも言ってる)。次の現場を楽しみに待ちたいと思います。しかし去年後半から今年前半まで全然現場がなくて飢えてたのもあって年始に申し込みまくった結果Jr.祭り、KAT-TUN、セクゾ、NEWSと立て続けで、楽しいのはいいのですが、いよいよDD化は避けられないようです。JUMPもそろそろかな…。おしまい。