アイドル好きのメモ帳

ハロプロ、48Gを経てジャニ沼に落ちた人の自己満ブログです。

キンプリデビューの事。

2018年1月17日にキンプリことKing & PrinceのCDデビューが決定しました。番協のお知らせが来た時は「何の発表なのかなーお祭りのお知らせかな?」とか呑気な事を思っていたらキンプリデビューとな。私がJr.というかジャニーズにハマってから初めてJr.からデビューが出たので、ちょっとしたお祭り気分というかテンション上がるというか、いろんな意味で盛り上がってしまいました。いやーひとまずはめでたいなと。いやひとまずっていうか、本当におめでとう。大きな夢が叶って良かったなと素直に思います。

まあ正直、私がJr.にハマったこの1年間強の観測範囲内では、これ以上ないぐらい想定内のデビューではありました。初めてキンプリを生で観た現場は去年の春のJr.祭りでしたが、その時の自分の感想を引用するとこんな感じ。

なんとなく今のJr.のトップランナーたちという認識があるぐらいだったんだけど、ライブで観たらなんというか、説得力がすごかった。「やっぱり推されるのには理由があるんだ」とひしひしと実感したね。私は「運営推し」って興味ないタイプのオタクではあるんだけど、でも推す意味というか、推す理由ってのはあると思ってて、それを見せつけられているようで、いっそ清々しい気持ちで観てました。

その後1年弱、Jr.の現場には色々入りましたが基本的にずっと印象は変わってなくて、何をするにもまずKINGで、瞬間風速的にB少年が推された時期もあったけど、何はともあれKING、そしてPrinceだったなーと。だからまあ私としては納得の結果でした。もしWESTデビュー後の4年間を含めたら、もう少し色んな選択肢や可能性を考えて色々思うことはあったのかもしれないけれど。これから6人は一番若いデビュー組として先輩グループと絡んだり、バーターで共演したりするんだなって事を考えると未来は明るいなあと思います。楽しみしかない。キンプリはきっとこれから先も順調に進んでいくんじゃないかなと思うし、停滞や後退せず、ずっとファンを増やし続けてきた6人だからね。あとはKINGとPrince、それぞれの活動は続けてほしいなあって思います。担当とか推しみたいな概念については未だに解釈に悩んではいますが、多分FCが出来たら入ると思うし、現場も行くだろうなとは思っています。やっぱり推しは変えるものではなく増やすものですね。

気になるのはキンプリがデビューする事で、残ったJr.たちの情勢がどう変わるのかって事でしょうか。次どこがJr.トップになるのかとか考えると戦々恐々としますよね。キンプリより先輩のメンバーやグループは先を越された形になったわけで、彼らの心境を考えるとキンプリデビューわーいって喜んでばかりもいられませんし。傍から見ていると、Jr.と言いつつもユニ仕事やらソロ仕事やら外仕事やらと絶え間なくお仕事があって別に変わらないでしょって思うけど、やっぱりCDデビューするかしないかの差は、おそらくそこらのオタクよりメンバーこそが嫌って言うほど理解しているだろうし。

後輩メンバーだってじゃあ次の推されはどこだってざわつくんだろうし、ユニットが一気に2つ減ったって事は新ユニが出来る可能性だってわりとあるし。新しいJr.なんかも増えるのかな、とか妄想は膨らみますよね。個人的な願望を言ってしまえばハイBがトップになってくれたら面白いなと思うけど、何故か春のJr.祭りに名前がないし。しばらくキンプリのバックに付くのか、はたまたセクゾのバックか、下手すりゃユニ解体か……とか。まあ何にせよデビューという大きな動きがあった以上、Jr.の体制が変わることは間違いないわけで、色々ありますけど、我らオタクに出来ることは見守る事のみですね。おしまい。