アイドル好きのメモ帳

ハロプロ、48Gを経てジャニ沼に落ちた人の自己満ブログです。

年末年始の事・関ジュ編

別に前後編にする必要なかったなと思いつつ3日、4日は大阪遠征してきました。松竹座のクリパ以来ピッタリ1ヶ月ぶりの大阪です。まさかこんな短期間に2度も関ジュ遠征する事になるとは思っておらず、もしあけおめコンがもう少し早く発表されてたらクリパは諦めてただろうけど、何にせよどちらも楽しかったので結果オーライ。30日と1日のJUMPが楽しすぎて(終わってからずっと過去のアルバム聴き返していてやっぱり好き…ってなってる)、気持ちの切り替え出来るかしらと思ってたんですけど、めっちゃ楽しめました。城ホールでの関ジュ単独が4年ぶりということで、メンバーも気合がすごく入っていたし、これを成功させるぞっていう意気込みと、関ジュの一体感みたいなのもすごく感じるよいコンサートでした。いろんなグループの曲をいろんな組み合わせで堪能できるJr.コンというのは、デビュー組とはまた違ったJr.ならではの魅力があるのよなあとしみじみ思いました。あとやっぱり広い会場で一生懸命走り回るJr.たちを観るのは楽しい!東ジュも早く広いとこでやってね。

3日昼夜と4日昼の3公演入ってきまして、初日は珍しく友人と一緒でした。JUMP担、Jr.担のリア友がいないのに関ジュ担はいるっていう辺りに関ジュというか関西ジャニーズのパワーみたいなのを感じつつ、一緒にわーわー言いながら観るのはやっぱり楽しかったです(ヲタ友いたらこんなブログ作らなかった気がする)。内容は松竹クリパのセトリをベースに組み替えたり追加したりした構成だったのかな。1度しか入れなかったクリパを改めてじっくり観られる、かつ兄組の安定感あるパフォを楽しめるという満足度の高い公演でした。関ジュのオリジナル曲はもちろんエイトとWESTの曲多めで、次点がセクゾとJUMPで、意外にNEWSの曲もちょっとありました(『チラリズム』『猫中毒』『Dance in the dark』っていう謎選曲だけど)。年長組が関西曲を歌うことが多いのに対し、年少組はJUMPやセクゾ曲が多かったのはちょっと意外でした。クリパの時もそうだったけど、私は関西のグループはまだノータッチなので、知らない曲が多だろうなとは思ってたんですけど、結構知ってる曲いっぱいやってくれて嬉しかった。あとは関ジュのオリジナル曲の良曲の多さね。WESTのJr.時代に出来た曲が多いのかなと思うのですが、ということは結構長い期間関ジュはWESTが引っ張ってきたんだろうなあと思い、エイト担で関西出身の友人曰く「WESTデビューとなにきん解体により関ジュはしばらく焼け野原だった」というのもちょっと納得でした。

見所はいっぱいあったのですが、まずみっちーがやると何故か品があってまったくエロさを感じない(めっちゃ褒めてる)7の『Sweet Liar』がカッコ良かった。そしてケンティが爽やか全開に歌うのとは違ってやたらと可愛いきゅんきゅんアイドルソングに仕上がっていた長尾くんの『カレカノ』は、モニターに写った笑顔に友と2人で声を揃えて「可愛い」と呟いてしまう素晴らしさ。で、みっちーと長尾くんの『愛されるより愛したい』は至高。最近本当にみちながのシンメが好きで、東ジュも含めて今一番推せるJr.のシンメだなと思ってます。ソロ曲のチョイスとかにも現れてるけど、性格とかキャラとかも違うタイプだし、プラベでも仲良しみたいなシンメではなさそうだし、そういう話も全然出てこないけど、ちゃんとお互いを大事に思っているのは伝わってくるというか。個人的に仲良しシンメより、ビジネスパートナーっぽいほうが好きで、ジャニーズに入らなかったら仲良くなる事はなかっただろうなみたいな2人の方が萌え度が高いんですよね。

恭平のソロはクリパから変えて、もはや恭平と言えばコレみたいな感じになってきた『愛してる愛してない』でしたが、誤解を恐れず言うとすごく上手になっててちょっとビックリしました。最初聴いた時は「なんでそんな難しい歌を…」と思ったもんですけど、頑張って歌い続けてる感じ嫌いじゃないし、ブレないのが恭平のいいところっていうか可愛いところだなって思ってます。何ていうかすごく素直でスレてないっていうか、めちゃめちゃビジュアル良いしカッコつけなのに飾らない感じもあって。あとクリパの時もすごくいいなと思ったのが『背中越しのチャンス』。クリパでは流星くんとやってたのを、今回は大ちゃんと康二くんの4人でやったのですが、恭平の大好きな山Pの曲っていうのもあるんだろうけどほんと楽しそうで。みちながとのセットだとお兄さんポジにならざるを得ない恭平だけど、康二くんとか龍太くんに甘えてるところとか見ると、実は弟ポジのほうが性に合ってるのかもなーとちょっと思う。まあみちながが意外としっかりしてるから、もう少し大人になったら年上の弟みたいになりそうだけど。

あと印象に残ってるのは斗亜くん。いくつかちびっこメインのセンター曲もあったけど、基本的には先輩のバックに付く場面が多かったわりにすごく目に留まるというかつい動きを目で追いたくなるというか、華があるっていうのかなあ。常にニコニコでやっぱりアイドル力の高い子だなと思いました。なんか身体全部を使って堂々と踊るんですよね。あと『アンダルシア』もすごく良かった。クリパで観た時は驚きのほうが大きかったけど、改めて凛々しいなと。それに所謂ファンサ曲というかみんなでワイワイ自由に踊ったり外周歩いたりする曲の時に、メンバーとよく絡んで遊んでいるんですよ。あの大舞台を楽しんじゃう感じ、大物感漂ってるなと思いました。

弟組以外でよかったのはFunky8(8人でやる曲はなかったけど)。生で観たのはもちろん初めてだし、パフォをちゃんと観るのも初ぐらいの勢いだったけど、パフォの安定感とチームワークの良さみたいなものをすごく感じて見入ってました。先ほどの友の「しばらく焼け野原だった」発言は、トリオが入った事でやっと新しい芽が育ってきたっていうポジティブな意味も含まれてるのだけど、確かに(私を含め)今はトリオ新規もかなりいると思うんだけど、それ以上にFunky担の熱がスゴイなと思いました。友人も含めて公演に一緒に入った子たち全員Funky担で。テレビや雑誌のイメージだと、関ジュと言えば大ちゃん流星くん、康二くん龍太くんがメインなんだなって印象なんですけど、コンサートでの歓声とかを聞くと勝るとも劣らずな人気で、やっぱり現場で観てみないと分からないものってあるなあって。もちろん大ちゃんたちもすごく人気なんだけど、Funky担の熱さにグッと来ました。今回は5人と3人に分けられちゃっていたし、おそらく意図的にユニットを作らないのであろう今の関ジュだと、なかなか難しい立ち位置にいるのかもしれないけど応援したいなあと思いました。

WESTがいた時代もなにきん時代も知らない私は、過去の映像ぐらいでしか知る事は出来てないけど、そこが抜けたあとの関ジュの“焼け野原”感というのは何となく分かる。WESTはもちろん、今は東京でKINGとして活動してるしょうれんはやっぱりすごく華やかだし、それと比べると確かに今の関ジュのメインは少し地味だろうなと。アイドルの誰もがセンタータイプなわけじゃないし(流星くんはセンター出来そうと思うけど)、大ちゃんにしろ康二くんにしろ脇でいい味出すタイプじゃないですか。でもしょうれんが東京に行って、“焼け野原”だった関ジュを支えて頑張ってきたのは残された子たちだし、その頑張りがこの4年ぶりの関ジュ単独に繋がったわけだし、そこにトリオやちびたちの有望株が加わって、とても層の厚い関ジュが出来上がったんだろうなって思うとなかなか感慨深いですよね。全然知らないくせに言うけど。

とまあ非常に満足度の高い遠征ではあったのですが、1つ残念だったのがトリオのうちわが揃えられなかった事。てか、とにかくグッズ買うのが大変でした。初日の1部2部間で買えるかなとタカをくくってたんですが、1部開始前にすでに完売が出始め、1部明けにあっという間になくなり。慌てて4日は早起きしてグッズ列に並んだんですけど長尾くんのうちわだけ買えませんでした…。極寒の中、朝7時から並んで買えたの12時だよ…しかも5時間並んで買えないなんて…もう意味がわからないよ…5時間ってJUMP&カウコンで爆発してた時より並んだよ…(それが原因かは分からないけど、近くの席の子が何人か公演中に倒れて運ばれてったよ)。ソロうちわが出るのは初だったみたいなので、私の考えが甘かったのかもしれないけど、さすがに搬入数少なすぎたのでは。まあある意味いい思い出にはなりましたけどね。次いつソロうちわが出るか分かんないけど、リベンジしたいです。おしまい。

f:id:nancy:20180108000244j:image

朝日がとてもキレイでした。

広告を非表示にする