アイドル好きのメモ帳

ハロプロ、48Gを経てジャニ沼に落ちた人の自己満ブログです。

JUMP横アリに滑り込んだ話。

Hey! Say! JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017』の横アリ最終日に参戦して参りました。なんとかJUMPの10周年ツアーに参加できたよ…! 落選した時はがっかりしつつも何かしら手段はあるだろうと楽観視してたものの、馬鹿みたいに高騰していくチケ代に完全に心をへし折られ、すっかり参加を諦めていたのですが、制作開放席とかいう謎の救済システムによって無事観に行くことが出来ました。やっほい。

今年の年始のコンサート以来なので、約9ヶ月ぶりのJUMPの現場でした(厳密に言うと大運動会がありましたが、あれはJUMPの現場としてはノーカンであると主張したい) 。今年前半は見事にグループ活動が何もなくて、特に圭人担としてはかなり寂しい半年間だったので何とか横アリに入れて素直に嬉しかった、というのが率直な感想なのですが、ベストアルバムをベースにしたライブだったから選曲がわりと初心者向けで、でもそのおかげで…というとアレですけど、個人的には素直に楽しくてあっという間に時間が過ぎたなと。JUMPのコンサートは、全体+7+BEST+バンド+ユニットっていう形がベースになっているので、どうしても構成が毎回似通っちゃうなという印象があるんですけど、今回に限ってはそのスタンダードな構成が10周年記念ツアーにピッタリな気がしました。7曲とBEST曲は新曲じゃなく、メンバーにとってのベストな7/BESTソングでやって欲しかったなとは思いましたが、それ以外は10年を上手に振り返っていて、でも変に感傷的にしないところがJUMPの良いところだなって思います。

と、ここまで書いて気付いたのですが、あんまり細かいところの感想が思いつかない…。ジャニーズに限らず、私はライブには最低でも2回は入りたい人なのですが、それは1回目は気持ちで観て2回目は考えながら観る、みたいなところがあり、まあ普段もそんなに細かいとこ観てないし覚えてないんですけど、でも初見で1回しか観ないのと、1度観て流れを把握した上で観るのって全然違うじゃないですか。今回1度しか入れなかったので、やっぱりちょっとふんわりしている。覚えてるのは、BESTの小学生コントが面白かったのと、「Sweet Liar」がエロくてちょっと逆に笑っちゃったのと、裕翔くんのドラムから始まるJUMPバンドのとこの全員でデザイン違いの青いスーツがかっこ良かったのと、大好きな「冒険ライダー」が聴けたのと、「TO THE TOP」メッチャ良い曲だなってところでしょうか。昔の曲を聴けるのは嬉しい。

まあ今回についてはとにかく無事に入れた事が良かった。感謝しかないです。もうあの会場に数時間でもいられて、メンバーに会えただけでも幸せでした。この1年間はJr、NEWS、セクゾと他のグループの公演も観てきたので、それを知った上で観るJUMPというのは、なかなか興味深いものでした。同じく若い子の多い現場だけどJr.やセクゾともまた違うし、もちろんNEWSとはだいぶ違うし(グループのカラーみたいな話はそのうちしたいなと思っていますが)。JUMPのちょっと子供っぽい感じというか、いつまで経っても初々しさが残っているところはきっと強みなんじゃないかなと思う(まあ弱みでもあるんだろうけど)。若い子が常に入ってきてるイメージがあるのはそこなんじゃないかな。まあマナーの問題は色々アレだったみたいですけど、でも新規や若い客をつかむのってアイドルとしては大事な事だと思うから。

しかし制作開放席の案内メールとその当選メール来た時は小躍りしましたよ、さすがに。案内のメールが来たのがちょうど1週間前ぐらいでしょうか。申し込みの〆切から当落まで数日間は、制作開放席とやらがどれぐらい用意されていて、どれぐらいの人数に案内を出しているのか謎だったので(クレカ仮押さえするぐらいだからそれなりの確率で当たる種類の何かだろうとは思ってたけど)、あんまり期待しないでおこうと思っていたのですが、当選メールが届き…これはクリエの当券システムと同じで、未入金対策にちょっと多めに当選者出してるパターンかなとか、色々どうでもいい事まで考えたりしてましたが、なんかもうね、とにかく入れて良かったです。天空席とか音席とかが来るのかなと思ってたんですけどわりと普通の席でしたし。まあサマパラの時と同じでステージ側の端の方だったので、メンステの死角多すぎって感じは否めませんでしたが。

惜しむらくは、仕事で最後まで観ることが出来ず肝心の「H.our Time」が聴けなかったこと…。メドレーで抜けたのであと20分居られたら観れたのだけど…悔しい! まあでもコレに関しては自分の意識が低かったと思って反省してます。チケット取れなかったにしても、可能性を信じてギリギリまで予定を空けておくべきであったと。油断していたというか早々に諦めてしまっていたというか、まあJr.の現場に行けていたので、それで気分的に満足してしまった部分もあったのかな。でも私はやっぱり1万人以上の規模が好きであると改めて実感しました。春夏はわりとライブハウス規模の現場が多くて、まあそれはそれで楽しかったし、狭い箱には狭い箱の楽しみ方もあるとは思うんですけど、でもステージ作りもアイドルを輝かせる重要な要素だから。久々に横アリに入ってみて、やっぱりド派手な舞台装置、演出、衣装で魅せるきらびやかなステージは満足度が全然違うなと。んで、私はアリーナが一番好きだな楽しいなと改めて思いました。

去年末のカウコンから、復活当選→当日券抽選→特別登録→制作開放席と、謎の救済システムによって色々な現場入れており、まあ最初の抽選で外れている時点で運がいいとは思わないけど、何かしらの縁を勝手に感じずにはいられないです。何ていうか、紙一重の所で救われているのはありがたい気もするし、「こうやってFCを簡単に抜けさせないわけね」とも思ったし。ただ今回のJUMPでは、こりゃチケットを協力し合って取るのは大事な事だなあと痛感しました。相変わらずぼっちヲタを続けている身としては、もう少し頑張ってヲタ友を増やす努力をしたいですね……。おしまい。

f:id:nancy:20170919084944j:image

広告を非表示にする