アイドル好きのメモ帳

ハロプロ、48Gを経てジャニ沼に落ちた人の自己満ブログです。

クリエの当券が当たった話とついに東京B少年とJr.に落ちた件。

最終日の昼公演のチケットの当日券が当たって、なんと2回目入ってきました…5日ぶり2度目のジャニーズ銀座…死んだ。完全に私のJr.担人生が始まってしまった。終わった。始まりなのか終わりなのかよくわからないけど、今後の自分に不安しかない。まあその話は最後にしよう。ライブの内容について書く前に、まず人生で初めて当券の列に並んで、しかも当たったので、その話をしたいと思います。ん? 自慢かな? って感じですが、もう二度と当たらないかもしれないし良いじゃないか! というわけで、そもそも当日券の販売があることを知ったのは、30日の公演に行った時でした。早めに日比谷に着いてクリエを見に行ったら当日券の列が出来ていて、「ああ当券とかあるんだな」と思って。さっと調べてみたら、どうやら見学用に空けている関係者席などを開放するらしいぞと。そんな感じじゃ大した数は出てないだろうけど、予定もないし(厳密に言うとあったけど飛ばした)、もし今日入って良かったら並んでみるかなと、気軽な気持ちでいたらまんまと前項参照。一夜にして必死勢になる。

1日、2日は普通に仕事してたので3日からスタート。入れるかどうか分からない公演にフル装備する気力はなかったので、最低限のおめかしと双眼鏡だけ持って参戦しました(使い勝手の良い公式ペンラ欲しい)。期待はしないように心がけつつ、でもちょっとワクワクしながら、当たったことを妄想しながら並びましたが初日はあえなく惨敗。少なくて500番、多いと900番ぐらい整理券が出ていて、当選数は各20人前後なので倍率25〜45倍と考えると、まあ外れて当たり前なんだけど、なんか結構がっかりしている自分がおり、ネットで落選知るよりもリアリティがあるからか、なんか受験の合格発表みたいな気持ちに。続く4日も普通に落選で、残すは最終日、見学も増えそうだし並ぶ人も多そうだし、ほぼほぼ諦めモードで日比谷に向かいました。2日間虚しい気持ちでクリエと自宅を往復していたからか、並んでる最中もなんかもはや無で、なんなら夜公演の並びのことを考えてて、「コレ終わったら次は15時半か…どこで時間潰すかな…スタバもドトールも毎日行ってるし、別の店がいいな…」とか思ってたら9番目に番号を呼ばれました。呼ばれた瞬間はポカンとしてしまって、でも隣の人…というか私は列の一番左側にいたので、右側の人が全員こっちを見ていて、その先にクリエのお姉さんの顔が見えて、「あ、私だ」ってなって。リアルに「まじか」とつぶやきながら、お姉さんに案内されてエントランスへ。「何かの間違いでは」「番号聞き間違えたのでは」と不安になりながら、受付で名前と連絡先を伝え、身分証をチェックされ「クリエ前の大きな看板の前に集合して下さい」と言われて一旦解散。お兄さんに「当選おめでとうございます」と言われ、やっと現実味が出てくる…。

ヨロヨロしながらチケ代を下ろしに銀行に行き、ルミネで化粧を直し、特に伝えるべき相手はいないものの1人で抱え切れずTwitterでちょっと発散し、案内された時間にクリエの入り口に集合。当選順に並ばされ、その回の当選数は23人だったので番手的には問題なく入れそうでホッとし(呼ばれた人が全て入れるというわけではないらしく、お兄さんがしきりに「後ろの番号の人は入れないかもしれません」と連呼していた)、番号の確認と本人確認の後、空いているとこから好きな席を指定するスタイルでした。見せられた座席表によると、1階の前方ブロックの真ん中あたりに5席ぐらい用意してあるのと、1階最後列の後ろの補助席7席、あとBOX席と全部で20席あるかないかぐらい。私の番になると1階前方は埋まってたので補助席から選ぶことになり、補助席の中で一番センター寄りの席を選んで入りました(実は通路側が空いてたんだけど、正直メンバーに近くに来られても困るのでそこにした。まだまだ覚悟が足りない)。あとは通常どおりに持ち物チェックされて入場し、補助席の説明を受けて終わり。まあ何てことはない流れなんだろうけど、同じことが早々あるとも思えないので、記念に記しておきます。

2回目は初回よりもだいぶ冷静に観させて頂きました。最後列だったのも良かったかも。なんかやっぱりメンバーに近くまで来られても、どんな顔してステージ観てれば良いのか分かんなくなっちゃうので、適度な距離感だったなと。距離的には何の問題もなかったんだけど、補助席は最後列よりも少し低い位置にあるので、若干視界は悪かったかな。前の人が背高かったし。えー、で、念願の2回目でしたが、率直な感想としては「高橋優斗の悪ノリがすぎる」コレに尽きます。1回目に入った時も「今夜貴方を口説きます」の“優斗→龍我←雄登”ごっこはやり過ぎ! って書いたけど、もう、女子にキャーキャー言われて完全に調子乗ってる男子高校生でしかなかったね。何をしてたかって…もうハグしたりちゅーしたりやりたい放題ですよ。高校生相手に大人気ないけど、思わず「馬鹿かよ!」って口走っちゃったからね。那須くんも龍我くんもノリノリでやってるからいいけど、近くにいる作間くんが普通にドン引きしてるやないか。あまりレポ漁りしてなかったんだけど、思わずこれまでの公演のを調べてみたら「今夜〜」では毎回この寸劇で遊んでたらしいことがわかり、しかも着実に内容がエスカレートしており、もう苦笑うしかない。しかも、アンコールで幕が開いた時に、龍我くんが高橋くんに床ドンさせられており(←されてるんじゃなくて、させられてるところがまた駄目)、見た瞬間「馬鹿かよ…」ってまた言っちゃったし。龍我くんも顔真っ赤っかやないか! 高橋くん、いや高橋さん、私は那須くんと龍我くんの絡みのが観たいから、ちょっと自重してください。至近距離で見つめ合って歌ってたのホント可愛かったな…龍我くんの生着替え間に合わなくて手伝ってあげてたし…。可愛さよ。

…とかブーブー書いてますが、高橋くんのサービス精神というか、舞台度胸というか、高校生にしてエンタメわかってる感じは、真面目に将来有望だなって思います。まだ照れが勝っちゃうお年頃だと思うのに、偉いなと。この中だと最年長できっと自分が引っ張っていかないとって気持ちも強いんだろうけど、実は経歴で言うとまだ浅くて、うちにあるドル誌引っ張り出してみてびっくりしたんだけど、HiHiの初期メンではないんですよね。途中で4、5人の追加があった時に加入して、Johnny's 5があって、そこから今の4人になってからまだ1年も経ってなくて。でもラジオやテレビのレギュラーがあるのも納得だし、今のHiHiB少年には欠かせない子だなと思う。なので、今回猪狩くんいなくて、パフォーマンス観れなかったのはもちろん寂しいんだけど、高橋&猪狩のMCが見れなかったのもすごく残念だった。猪狩くんの怪我が酷くありませんように。早く復帰しますように。

でも今回一番テンション上がったのは、文句なしに作間龍斗くんと佐々木大光くんの「Yes!」でした。途中でセトリの変更があったのか、日替わりのセトリだったのかわからんのだけど(少しは調べろよ)、全然知らなかったのでイントロ流れた瞬間ホントやばかった…。JUMPのユニット曲の中でもかなり好きな曲だし、中学生に歌わせるには歌詞も振り付けもエロいんだけど、作間くんと佐々木くん大人っぽいから何ら問題なく…いや、問題は大アリなんだが、問題を感じさせない大人っぽいパフォーマンスで…悶ました。さすがにジャケットの下にTシャツも着てたし脱ぎはしなかったけど、腹チラやってくれた…ご、ごちそうさまでした…! 腹筋…! やっぱり作間くん良い…推せる…。今日もセリフメドレー良かったし…夏もHiHiB少年と一緒にステージ出てほしいな…。

で、最初にちょっと書きましたけど、多分これは本格的に東京B少年メインでJr.を推すことになりそうな気がしています。この1ヶ月半で6回もJr.の現場に行ってしまってるし、めちゃくちゃ楽しいし、B少年大好きだし、これでJr.に推しいないとかどの口が言うのかと。言ってることとやってることが違うだろと。もう言い逃れ出来なそうにない…。でもデビュー前のグループを推したくない、という葛藤とはまだ戦ってます。ななみんの悪夢がなかなか消えないんじゃあ…。まあ今は終わったばっかでテンション高くなってるせいもあるし、次のJr.の現場は7月だけどその前にNEWSもあるし、多分JUMPのツアーも発表されるだろうし、その都度どういう感情で動いていくかはわからないですけども。でもこういうのって直感でしかないからな〜。ま、推しとは変えるものではなく、増やすものですから! 現場からは以上です。とか書いてたら来週のMステに出るそうですよ、奥さん。こうなって来るとサマステみたいなやつをキンプリと一緒にされたのってヲタ流しが目的なのではという気持ちに。こりゃ夏から始まるMr.KING冠番組もHiHiとB少年レギュラーなんじゃないか…。う〜ん推されしんどい! おしまい。

f:id:nancy:20170505204225j:image

お写真。そういえば関係者席にジャニーさんっぽいおじさんいてテンションあがった。

広告を非表示にする