読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドル好きのメモ帳

ハロプロ、48Gを経てジャニ沼に落ちた人の自己満ブログです。

ジャニヲタになって思うこと。

……私、本当にジャニヲタなのかしら。などと思いつつ他にうまく形容する言葉が見当たらないのでこのまま書こう。ジャニヲタになって変わったことがいくつかある。雑誌をメッチャ買うようになった事、テレビ番組を録画するようになった事、写真をすごく撮るようになった事…。でも一番変わったことは現場に友達と行くようになった事。今までずっとぼっちヲタで、それが心地よいぐらいだったのにな。まずチケットを複数枚で取るようになった。自分の体感的には1枚で申し込むより、2枚のほうが当選率が上がるような気がして、1枚での申し込みは出来るだけしないようになった。同行や交換相手が探せるというのもあるし、グループの規模によっては非ヲタの友人を連れて行っても問題ないというのもある。そこはもうディズニーやUSJに誘うのと一緒だから。

一緒に行くと言ってもだいたい現地集合だし、会場の中ではお互い自由に鑑賞しているだけなので、基本的には1人の時と大差はないんだけど、たまに公演中に「うわー」って思った時に顔を見合わせたりするのは楽しい。んで、その後ご飯食べながら語り合うのもやっぱり楽しい(これが一番楽しいのかもしれないけど)。あまり詳しくない人を巻き込むよりはお互いガチなほうがいいんだけど、あまり詳しくない人でも自分と趣味の合う人だったり、他人の趣味への理解度が高い人(偏見があんまりない人)なら、連れて行くのもそれはそれで面白い。そういう時は、こっちに引きずり込みたいというよりは、「こんな世界もあるよ」って感じで、面白がってくれたらそれでいい。

ぼっちを貫いてきたのはずっと女子アイドルが好きだったから仲間が探しにくかった、というのもあるんだろうけど、元々自分の趣味を他人に薦めたりするのが苦手というか、自分が何かを“好きな理由”を人に理解してもらいたいとは思うことがあまりなくて、自分が好きならそれでいいというか。出来るなら私の好きなものはみんなにとっても魅力的であって欲しいんだけど、好きになる理由とか好きなポイントとかは人それぞれだし、好きになる時はどうしたって好きになるわけなので、私が何かアピールすることで好きになるとも思ってないんだろうな。あと気安くCDとかDVDを借りたがる人とか、自分ではチケットを取る気がないのに「ライブ行きたい」とかすぐ言う人が苦手で、そういうのを避けていた部分もある。ある一定のレベルまでは自力で好きになって欲しいというか、「ちゃんとお金払ってCD買ったり自力でチケット取るレベルになってから来いや」と思ってしまう。だからまあ基本的にはこうやってブログで好き勝手一方的に語ってるのが性に合ってるんだろうな。

仕事が変わって、わりとヲタの多い職場になったのだけど、ドルヲタはもちろん二次元好きも2.5次元好きもLDHが好きな人もいる。それぞれガチなので、話をするとワーッとなってその場では面白いんだけど、最終的には少しだけモヤッとすることがある。そりゃ好き具合がぴったり合うわけがないので仕方ないんだけど、「ああ、あれちょっと言葉足りなかったな」とか「つい乗っかって好きって言ったけどそうでもないな」とかその逆とかあって、まあ私がそういうの苦手な人間だからなのかなとも思うんだけど、その伝わりきれない感じっていうのは、相手の人との「好き」度の違いが原因だと思うので、その温度差が極力ない人と話しをしてたほうが楽なんだよね。難しいけど。

あとちょっと話しが逸れるけど、不思議だなと思うのが、ジャニヲタにはハロプロ好きも48G好きも結構いるもんだなと思うんだけど、ハロヲタは48Gとか坂道にはなかなか手厳しくて、口を揃えて「AKBはちょっと…」って言うこと笑。「ハロプロの方が曲もパフォも絶対いい」ってわりと頑なで、ジャニにはわりと寛容なのに。ライバル意識が強いのかな。もちろん全ハロヲタがそうなわけじゃないとは思うし私の狭い観測範囲内での話だけど、でもハロプロから48Gに流れた経験から言わせてもらうと、確かにハロプロのパフォ力が高いのはその通りなんだけど、そこはだいぶ違うんだけど、でも48Gにも上手い子もちゃんといるし、少なくとも楽曲のクオリティという面では48Gも坂道も全く引けを取らないよなと思う(でも私もハロヲタの時は「AKBって全部同じような曲だな」とは思ってたけど)。48Gは48Gで魅力的な要素がたくさんあって、同じ土俵では比較できないし、少なくともちゃんと中に入って知ろうとしなければ分からない事がたくさんあるわけなので、自分が知らないことを否定するのはもったいないよね。まあ言われても特に反論することもなく「知らないのは損だなあ」と思うだけなんだけどね。何度も書いてるけど、私にとってアイドルは“何をやっているかではなく誰がやっているか”なので、楽曲やパフォをきっかけに存在を知る事はあっても、楽曲やパフォでアイドルにハマる事は少ない(世の中に絶対はないのでゼロとは言わないが)。曲の好みとかはあるけど、良くても悪くても上手でも下手でも好きになる時は好きになるのでね…。

しかし改めてこのタイトルと書き出しの言葉を見ると、違和感がすごいな。私が何かのヲタである事は間違いないと思うんだけど、ヲタの定義って難しい。ハロとはだいぶ遠くなってしまったのでハロヲタは名乗れないけど、48Gや坂道は好きだし推しもいるし。でも最近知り合う人とは必然的にジャニの話がメインになってしまうので、ジャニヲタの私がデフォルトなのよね。で、「2〜3年前まで女子アイドルのほうが好きだったんですよ、ハロプロとかAKBとか…」というと、すごく驚かれる。私の中ではハロプロもAKBもジャニーズもすべて延長線上にしかないので、そこで驚かれるというのもなかなか不思議な感覚なのだけど。面白いな。おしまい。

広告を非表示にする