アイドル好きのメモ帳

ハロプロ、48Gを経てジャニ沼に落ちた人の自己満ブログです。

JUMP沼、3ヶ月経って感じるあれこれ。

5月にFCに入り、本格的に沼に落ちた8月の横アリから約3ヶ月経ちました(順番逆じゃね?って思うかもしれないけど、チケット取るにはFC入るしかないって言われて入ってイマイチだったら1年で抜けるつもりだったんだよ本当に)。まだ3ヶ月かよ? ってくらい充実しまくった3ヶ月間だったのだけど、ていうか3ヶ月も経ってないけど、ツアーの予定も消化し、シングルも出たので、とりあえずここまでの雑感を。なんかやっぱちょっとした文化の違いというか、今まで(女子アイドル)との違いで色々感じる事も多いんで、そんな目線で書いてみようかなって思います。

情報について

まず一番の違いと言っても過言ではないのが、情報量と情報の収集方法。まず前提として情報多過ぎ。ネット系が弱い事を差し引いても余りある情報量…。テレビのレギュラーが毎週あって、ラジオも各々あり、個人仕事もあり、情報番組、バラエティ、ドラマ、映画…。あと雑誌な。定番のドル誌が毎月5誌あって、さらにテレビ誌やら情報誌やらがあり、ファンション誌の連載があり…単発仕事に告知仕事…もう雑誌については全然把握しきれてない。すごい。恒常的にこんなに出てくれれば多少自分の推しが干されてても全然大丈夫だな…ってちょっと思った。雑誌は女子アイドル系のものも多いけど、基本的にグラビアが主体の雑誌ばかりなので、すごい特集とかでもない限りインタビューとかもあまり内容ないし、あとやっぱ露出は人気メンバーに偏りがちなので、推すメンバーによってだいぶ違うし、ジャニーズみたいに専門誌みたいになってる雑誌はないから毎号買う感じでもないし。しかもリアタイでこれなので、過去を追おうとしたら…どうなってしまうのか。まあ無理。

更にCDリリース期間はそれに加えて音楽番組や情報番組が追加されるし、もうすでにファンタの歌番組出演でいっぱいいっぱいになってる…。そういえばアイドルって基本テレビタレントでしたよね~って思いました。ハロプロも黄金期以降は興行にシフトしちゃったし、48Gはピーク時こそは色々あったんだろうけど、私はその時期知らないし、結局劇場や握手会が一番の醍醐味だし、まあ46Gぐらいかなぁ比較的テレビ向けアイドルなのって。でもあそこも握手が主戦場だからな…。本人とお話しできちゃうわけからね、ちょっとまた別の種類のヤバさがある事はある。

そんで、情報の収集方法もだいぶ変わった。正直、ジャニーズもハロプロも48Gも公式が弱いのは同じなので(何故だろう?)、ヲタがどこまで早く情報収集して共有するかが全てなのは一緒なんだけど。ハロと48G46Gに関しては、情報が正確で最速なのはやっぱ某掲示板なので、あそこをチェックおけば大体大丈夫、ていうのが自分のスタンスでして。でもジャニーズはやっぱりTwitterSNSが早いのかなあ。母数が多いからなのか、若い子が多いからなのか分からないけど、なんとなくその事務所のネットリテラシーの低さを考えるとちょっと意外だった。なので、まあ元々Twitterはやってるんだけど、垢を分けるべきかどうか悩んで、でもアカウント使い分けとかが出来るタイプではないので、ひとまずリストで食いつないでる(おかげで自分のTLの流れを一切無視したツイートやRTばっかりになってきている。ちょっと悩みどころ)。

コンサート(ライブ)について

チケット争奪戦なのは、まあ覚悟をしていたんだけど、それ以前にそもそものチケット購入難易度の高さよ。郵便振替ってひっっさびさに使ったわ。多分学生時代に同人誌通販した時とか以来だわ。あと当落を電話で聞くシステムも謎すぎてだな…。今、何時代なんだよ! まあ実際システムを変えること自体はすぐ出来ちゃうんだろうけど、こっちには分からない何かこだわりがあるんだろうなあ。先に振り込むシステム自体は、倍率だけが無駄に高くなるのと払い忘れとかを防げるのかなと思うけど、郵便振替と当落確認についてはちょっと意味不明。何のためにFCサイトがあるのやら。

ライブ自体の話で言うと、まあ楽しいのはどちらも楽しいんだが、私は大箱のコンサートの方が好きなので、近年会場が狭くなりつつある48Gやめっきりライブハウス寄りになってしまったハロプロよりも、正直楽しい。嬉しい。大箱でのライブって、単に曲が良くて演者のスキルがあれば良いってもんじゃなくて、プロデュース力というか、ステージの構成力というか、やっぱりアリーナクラスになると規模に合わせた作り込みや演出が絶対必要だし、演者も含め全体的にクオリティを上げなきゃ確実につまんなくなる。ライブハウスとかホールと同じ事やっても無理なのよね。会場のサイズに合わせた演出ってあるから。その辺はハロプロとか48Gとかスタダ系はやっぱり上手なんだけど、経験を重ねて大箱らしい演出が上手になっていくわけだから、どうしたって事務所が培ってきた経験値だったり練習量が物を言うところはあるので、どことは言わないけど、なかなか箱の大きさに対応出来てないとこ、大箱向いてないグループも結構あるんですよ。でもその辺はね、ジャニーズは得意中の得意でしょうし。まあよく言うのは、「ジャニーズってもはやディズニーみたいなもんだね」っていう。ディズニーって行ったら絶対楽しんだよね。行くまではちょっと面倒くさくても。それは絶対的にクオリティの高いものを提供しているから、間違いなわけですよ(まあ100%じゃないにしても)。これまで何度かジャニーズのコンサート入っているんだけど、ハズレないもんね。全部楽しいもん。だからJUMPに関しても、そこはあんまり疑ってなかったかな。実際、初っ端の8月の横アリはアルバムも満足に聴いてない状態で入ったけど、何の問題もなかったもんね。

違う所と言えば、推しうちわ…カンペうちわ文化かな。アレは女子の現場ではほとんど見たことない。全然あっても良さそうなんだけど、女子はキンブレの文化が浸透しちゃっているのと、ヲタ芸とか振りコピするのにうちわはちょっと邪魔なのかな。ハロプロでも48Gでも推しのイメージカラーのサイやペンラを持つっていうのは、最低レベルの応援スタイルなんだよね。新規でも取り入れやすいし。逆に言うと推しカラーのサイさえ持ってればなんとでもなるというか。私が今まで現場で楽しみにしていた事の中に、キンブレで推しの色を持つ事や、曲によって色を揃えるっていうのがあって。例えば、私は圭人くん推しだから、基本は緑を付けているんだけど、『My Girl』の時は赤とオレンジにするとか、『今夜貴方を口説きます』では黄色と青にする、とか。音楽がかかった瞬間に客席の色がパって変わるのとか、見ていても楽しいし、やっても楽しいのよ。ジャニーズだと公式のペンライトを持つ人がほとんどで、今回のDEAR.コンだと赤、青、白のペンライトだったし。ペンライト遊びが出来ない…。他のジャニーズもあんまり見た記憶ないなあ。ちょっと見てみたいなあ。

ファンサはね。まあまあ、あの私もらってないのでアレなんだけど、でもやっているのを双眼鏡で見てるのも楽しいね。ニヤニヤしてしまう。でも双眼鏡越しでメンバーと目が合うというか、「あれ、これ目合ってね?」って瞬間がわりとあった。まあ向こうからすれば「双眼鏡持っているファンが目に入った」ってだけなんだろうけど…。と思ってたら、某誌の大ちゃんの発言により目が合ってる事が確定したので、今後は目が合っているという認識でいきたいと思う。あとファンと接触するのにはちょっとビックリしたかなあ。トロッコでメンバーに手を延ばすのって、なんとなくNG行為って思ってたんだけど、結構ガッツイてるのを双眼鏡で見て、え、いいんだ〜と思って。これも女子アイドルだとあんまり見ない気がするんだけど、まあ女子はちょっと危ないから出来ないのかもしれないな(普段握手会とかでさんざん触ってるのにという気もするけど、すぐ近くに警備いるのといないのとではだいぶ違うし)。

でも一番違いを感じたのはやっぱりファンの応援かな。まあこれまでと客層違いすぎるので当たり前なんだけど、10年間ずっと男たちの「うぉー」とか「フーー」とか「オイオイ!」っていうコールとかヲタ芸とかを見てきたので、「キャーーー!」っていう黄色い声援に度肝を抜かれる。ていうか普段にビビる。今回4回入りましたけど、最後まで全く慣れませんでした。あとこれはJUMPだけじゃなく比較的若いグループ特有なのかもだけど、ホントに失神するんじゃ…? ってくらい大興奮してる、みんな。ジャニーズでもお兄さんグループだと、まあメンバーの年齢もあるし、これまでありとあらゆる事をやってきてるから、ファンもちょっとやそっとでは本域で叫ばないじゃないですか。まあある意味コールアンドレスポンスみたいなさ、「愛してるぜーー!」「キャアアアア」でワンセット、歓声すらもステージの一部みたいなとこはあるじゃないですか、やはり。お約束的な。お遊び的な。そういう気配はあんまりなかった。なんかもう、みんな本気で叫んでた。心からの「キャーーー!」、うん強い。

あとは、不満って程ではないんだけど、アルバムツアーとは言えアルバムに寄せ過ぎかなってのは、正直ちょっと思った。要はセトリがシンプル過ぎるんだよね。過去のDVD観ててもちょっと感じてたんだけど、ツアーのコンセプトに合う、アルバム以外の曲ってのも結構あるわけだし、もう少し幅広くやったりするのもアリだろうし、観てみたいなーと思いました。

ファン層について

会場に来ていた子達も、当然みんな若い。そして可愛い。超オメカシして来てる。めいっぱいオシャレしてコンディション整えて、いつ何時推しからファンサを貰っても良いように。ジャニーズの現場ではこれが正装なんだなと思い知りました。女子アイドルの現場で推しTとか特攻服着てる兄さん達と一緒。だからツアーTとか着てる子少なくて、ちょっと意外でした。オシャレしつつ推しのメンバーカラーを取り入れるぐらいかな。バンダナカチューシャ率高かった。双子コーデも多かった。本当に可愛い。あとちょっとゲスい事言うけど、思ったのが、たまにAKBとかのオーディションにジャニーズとの繋がり目的にで受ける子とかいる、みたいな話とか聞くと、私は48Gのしんどさとかエグさを見てきたから、そんな理由で加入しても無理だろって。本気でアイドル目指してる子ですからキツすぎて辞めてく世界なのに、って思ってたんだけど、会場でみんなの可愛さとガチさを見たら「あ、いるわコレ」って思っちゃった。えへ。

CDについて

今、最も私を悩ませている、初回盤(限定盤、初回プレス)が手に入らなすぎ問題。中古でも全然見つからないのはちょっと驚きました。もっと切実に言うと、音楽配信がない問題かな。もうね、ブックレット系の特典とかDVDについては、諦めるか高値で探すかしかないのは仕方ないと思えるんだけど、初回盤のみに収録されてるカップリングの音源が手に入らないのは痛すぎない? ちょっと酷くね? 音源だけでいいから…。特にライブで見ている『ChikuTaku』とか『ただ前へ』とか『スーツデイズ』とか聴きたい…他にもいっぱいあるのに…聴けないのツライ…。そもそも初回盤は予約しないと入手すら危ういってのは、ちょっと厳しくないかな〜と。ファンタももう初回プレス盤は店頭で売ってなかったしなあ…。とりあえず新曲はいいから、せめて過去曲の配信が始まると良いな…と願ってやみません。

その他ヲタ活について

なんか私の今最大の課題は、JUMP担さんの知り合いを作る事かもしれないと思ってる、本気で。私は今までずっとぼっちヲタで、でもそれについて不満に思うことも寂しかったこともなく、さほど不自由を感じてこなかった。人に言うとたまに驚かれるけど、ひとりでライブに行くのも全然平気だし、チケットもまあFC先行で取れないって事はほぼなかったし(ハロプロにしろAKBにしろハマった時期がピーク過ぎてたからってのもあるけど)、取れなくてもオクかチケショでなんとかなったし、そもそもツアーに頻繁に通うようなタイプでもなかったので、関東に来た時に1〜2回入れれば良かった。せいぜいセトリが変わる事があれば追加したりするぐらいかな。あと女子アイドルはリリイベとフリーライブとか握手会とか、わりと細々と現場があるので、それで満足だった。まあ同性のドルヲタ仲間がいたら楽しいのかなと思ったこともあるけど、どっちがって言うと人間関係のストレスを極力回避したい人なので、必要以上に友達を作らないで来たんですよ。まあ要するに人見知りってだけなんですけどね…笑。

あと、ついでに言っちゃうと、友達と温度差を感じるのが嫌なんですよ。誰だって興味が薄れることってあると思うんだけど、私がまだまだ大好きなのに友達があんまり興味なくなってきてるのとかを見るのがヤだし、逆も嫌だし申し訳ない気持ちにしなるし、でもお互い無理したくないし。だって「好きなものを強要される」のって、「嫌いなものを強要される」のと同じぐらいしんどいじゃん。ま、そういうのが苦手なので、あんまりヲタ友とかいらなかなって、ずっと思ってたんです(それは二次でもそうで、実際ジャンルが同じ友達っていない)。だからソロ活動になっちゃうんですけど。だけど、チケットの問題もそうだし、音源の問題もそうだし、これぼっちはかなり効率悪いなと思いましたよ。だから、なんか頑張って友達作ろっかなって思ってる。けど…………うーん、この感じだとちょっと無理そうだなぁ苦笑。

最後に…

色々書いてきたけど、ほぼ満たされてます今のところ。ただネット関係の弱さはちょっと気になるかなあ。せめて雑誌の表紙とか記者会見の写真とかは解禁してくれても良いのでは…。だってもうそれ得する事何もないでしょうよ。って思うんだけど、それがこれまでのジャニーズのルールに反するというのもわかる。多分だけどジャニーさんが退くまでは、これ以上ネット環境が向上することはないだろうね。うん。なので、とりあえずモバメやろ。現行ルールでもモバメだったら出来るはず。えー、知らない人に“モバメ”についてお伝えしておくと、“プライベートメール”という名で48Gや46Gがやってるサービスで、メンバー自身がヲタに向けてメールを送ってくれるというものなんです。要するにメルマガなんだけど、イメージで言うと「JUMPaper」がメールで直接自分宛に届く感じかな。内容は人それぞれなんだけど、大抵は仕事の裏話とかプライベートで遊んだ事とか、他のメンバーの事とかが多くて、一応メールっていう体なので、言葉遣いだったり絵文字の入れ方とかにちょっとした生々しさがあり、私は48Gがやっているコンテンツの中では特に素晴らしいサービスだと思ってるのね。また、メンバーによって得意不得意あるから、1日5通10通くれる子もいれば、数日に1回とか、告知の時期だけとか様々で、性格とか個性が出て面白いんですよね。たくさん送ってくる子とか、内容が充実してる子、写メいっぱい添付してくれる子とかは、モバメきっかけで人気上がったりもするし。忙しいメンバーは不利になっちゃうけど、それぐらいでちょうど良いと思うよね! ほんとやってほしい、楽しいから…。まあ無理だろうけど。

そんな事を思いながらも、毎日楽しいです。仕事頑張ります。ほんとに生きるエネルギーだわ…。ありがとう圭人くん、伊野尾さん、JUMPちゃん。おしまい。

広告を非表示にする