アイドル好きのメモ帳

ハロプロ、48Gを経てジャニ沼に落ちた人の自己満ブログです。

サマステ前半戦終了。

『サマステ ~君たちが~KING'S TREASURE』のMr.KING、HiHi Jet、東京B少年公演を初日と土日で3回観てきました。私のサマステ前半戦が無事終了です。クリエから2ヶ月半ぶりぐらいでそんなに経ってないかなと思ったんですけど、間にNEWSを挟んだせいか何故か久しぶり感があり、またNEWSからのサマステへの落差すごかった。ステージの規模もコンセプトもクオリティも、見る側の目的も作る側の目的も違うので当たり前なんだけど、全然違って面白いな〜と思いました。これでJUMPを見たら、また印象が変わるんだろうな(見れる予定ないけど涙)。

ライブハウスのスタンディングとかリアルに10年ぶりくらいで、途中何度か腰が爆発するかと思ったけど、メンバーも楽しそうだし色々頑張ってるのが伝わってきて、細かい事はもういい、とにかく楽しいライブだった。クリエで見た時よりも勿論みんな成長しているし、特にMCとかすごく良くなってて。これはKINGがいたおかげかなとも思うんだけど、廉がちゃんと話を振ってくれる安心感と、海ちゃんがすごく絡んでくれる感じと、でもMCでは猪狩がダントツで面白かった。まだ中3であの堂々たる佇まい…大物感半端ない…やっぱりあの子推せる。今回ハイBでのMCはなかったので、クリエの欠場がホントに悔やまれるな〜。後半のキンプリ・ハイB公演ではキンプリとハイBでMC分けてくれる事を期待しています。

印象に残っているのは、HiHiの3人でやった『Yes!』と『バンビーナ』。エロい曲を直球にヤリ切った感じがいっそ清々しくて。あとはセリフメドレーの完成度の高さと、『HIB HIB DREAM』ね。あの曲ヤバイね。ジャニーズの真骨頂っていうか、「あー私ジャニーズ観に来たわ〜」っていう何とも言えない気持ちになるのよね。まあでもユニット名が入っている曲って実はスルメ曲というか、ずっと歌い続けられるような、そのグループのテーマソングになるような曲が多いなと思っていて。個人的に一番好きなのはPrinceの「Prince Princess」なんですけど。アレめっちゃ良い曲だなと思うんですよね、Princeの個性を表現してるなと思うし、ファンとの関係性だったりメンバーの思いみたいなものも感じるし、大事にしてるなって思う。こんな曲をもらえるPrinceっていうグループが羨ましいなと思うぐらい。うん、話逸れたな。

ホールとはまた違った距離感なのは新鮮で良かったんだけど、個人的にはバルコニーまでメンバーが来たのはちょっと想定外で、のんびり観られるエリアが一切なかったのはちょいしんどかった。クソ番しか取れなかった立場としてはむしろ喜ぶべき状況だし、実際に近くでメンバーを観られるのは楽しいっちゃ楽しんだけど、後ろの方でのんびり観よう、柵の前後が取れたらいいなあ、ぐらいの気持ちで行ったもんで、バルコ下のファンサ祭りにだいぶ混乱しました。私にとってファンサは見るものであり、流れ弾が当たることはあっても貰うものではないんですけど…さすがにあの距離で観てしまうとちょっと揺らぐというか。まあ実際にはただニヤニヤするか周りの子の観察するかしかないんだけども。あの状況にキャーキャー出来るタイプでもなければ年齢でもない…いや年齢のせいにしちゃいかん、ドルヲタとしてなんかダメな気がする。

あとはざっとメンバーの感想を。龍我くんはクリエの時に後半へばってた印象が強いんだけど、最後まで元気いっぱいでニコニコしててた。もうB少年の中で一番背が高いのにやっぱりバブみが強い。那須くんの、基本あんまり表情崩さないのにたまにクシャッと笑ってる(多分メンバーとなんか喋った後とかだと思うんだけど)のにヤラれる。大昇くんはメンタルモンスターっぷり加速しているし(このまま手越さんみたいになるのでは)、浮所くんはファンサがだいぶ強い、アレはファンサマシーンって言われてもしゃーない。藤井くんは「なーくん」キャラを完全に自分の物にしているし、金指くんはソロパート多いのも納得な歌声なので、あとはMCで素が出せるようになったらさらに人気出そう。なすりゅは相変わらず(推しだけどちょっと引くぐらい)仲良しで、しかもそれを廉にイジられても「仲良いんですよね〜」って全然否定しない那須くんのあの感じ、アレちょっと怖いです。圭人くんみある。あとたまにあるうきなす、いわりゅもよかった。わりと身長のバランス取りがちよね。

HiHiは猪狩がめっちゃ良かったのは前述の通りとして、橋本くんの歌が凄く良かったな。超良い声してる! 瑞樹くんと優斗がちょっと癖ある声なので、逆に良い感じに目立つし、『Yes!』は本当に良かったよね…。あとはバックに作間くんが付いてて嬉しかった。やっぱりすげーカッコいいんだよね。なんかハイBメンバーに対して「カッコいい」って思う事ほぼないんだけど(それはそれでアレだが)、作間くんは素直に「カッコいい…」って言葉がポロッと溢れちゃう不思議。猪狩、大昇、龍我と同じ年なのになあ。まあJr.祭りの時点で凄く目を惹く子だなと思ったけど、KINGのバックについて踊ってても目が奪われる感じ凄い。地味なのになんか華がある(シンプルにお顔が好みなだけかもしれん。もしくは不遇ポイント溜まってるか)。最後のメンバー紹介でも一際歓声大きかったし。メインステージが見やすい位置ではなかったので、龍我くんが見えない時はセットの上のほうにいる作間くんばっか見てた気がするなあ。あと浮所、金指、作間、五十嵐がHiHiと一緒にローラー滑ってたの良かった…あれ金指くん以外は元HiHiメンバーだもんね。ちょっと切ないけど見れて嬉しかった。良い演出。

とまあ、十分過ぎるほど楽しかったという大前提を元に、Jr.の現場自体をだいぶ落ち着いて観れるようになってきたので、気になった事も書きたいと思います。まず、すごい根本的な事を言うけど、何でKINGとハイBを一緒にしたのかなって。もしKINGと別々やっていたら、私はそっちは観に行かなかったと思うので、個人的にKING観れたの嬉しかったんだけど、でもB少年担としては物理的な意味でちと物足りなかったかなと。KINGとハイBで3対2ぐらいの構成で、ほぼ「Mr.KING with HiHi B少年」になっちゃってたし、あとKINGがそれぞれ2人ユニット×3とソロがあったのに対し、ハイBはソロもユニットもなくて、もう少し対等な感じの構成を期待してたのでちょっと残念でした。

あと選曲も、わりと似たようなテイストの曲が多く、カッコいい系の曲がばかりでかわいい系がほとんどなかった印象。過去の雑誌のインタビューなんかを読んでると、結構選曲をメンバーがやってるっぽいので、それが理由なのかなと思うんだけど、個人的にセトリをメンバーに決めさすのあんまり好きじゃないんですよね。良い悪いの話では全くないんですけど、私、アイドルの醍醐味って、プロが作ったプログラムを完璧にこなすところにあると思ってて。メンバーがステージで最高に輝くために、今持っている魅力や価値を最大限に表現するためには、ちゃんとメンバーの事を理解して、魅力を引き出してくれる大人が絶対に必要だと思ってるんですよ。だって彼らが自分自身の魅力を客観的に理解するのには経験も時間も必要で(まあたまに脅威的に頭の良い子もいるけど嗣永桃子とか中島健人とか大西流星とか)、大概の子は自分が何を求められているか分からないし、仮に理解は追いついても実際に行動に移せないもんなんですよ。だからちゃんと彼らが一番輝けるようにプロが完璧にお膳立てするべきで、メンバーはそこから更に底上げしてけばよくて。そこは経験を積んでるNEWSが自分達のコンサートをコンセプトから衣装から選曲から決めるのとは訳が違うので。この問題ってハロプロやAKBでもたまにぶつかるんですけど、メンバーの考えたセトリが素晴らしいなんて事はそうそうないですよ、ハッキリ言って。

でもこのサマステとかクリエとかは、そういう場所というか、発表会的な側面もあるだろうな。未熟なステージになる事も想定した上でメンバーに選ばせているんだろうし、そうやって経験を積ませているって事なのなと、ちょっと思いました。まあそれでも充分楽しかったわけなんですけどね。おしまい。

f:id:nancy:20170725080337j:image

エースの資質。

『Precious Girl / Are You There?』がリリースされて、ちょっと久しぶりにJUMPを聴いています。3月から完全にNEWSモードに入っていたので、丸3ヶ月ぐらいは、見事に全く聴いてなくて、なんなら『OVER THE TOP』もあまりじっくり聴き込んでなかったので、アルバムまではこの2シングルちゃんと聴こーと思ってます。前述の通りツアーの横アリ全落でかなりテンションが下がっていたのだけれど(まあその他にも色々理由はありますが)、やっぱりJUMPいいなーと思ってちょっと元気になってきました。ただシングルとしては、私がJUMPにハマってから出た中では、一番印象に残らないシングルになりそう。まあ気にいるかどうかというのは、ある程度聴く側のモチベも影響すると思うんで、NEWSとかJr.に揺らいでて以前よりJUMPに興味を持ててないのかもしれないなーとは思ったんですけど、んーでもメッチャ好みの楽曲があったら好きってなってるとも思うし。流れで聴いてる『OVER THE TOP』の収録曲はやっぱり好きだなと思うし。

というわけで、新曲の話をするつもりだったのですが、ちょっと保留で。でも1ヶ月以上更新出来ないのもぐぬぬなので、今回はちょっと別の話をしたいなと思います。ジャニどっぷりになっている私がまだ辛うじて動向を追っているSKE48の小畑優奈ちゃんが新曲でセンターに抜擢されたんです。ゆななは近年の48Gの中では稀に見る理想的な成長していて、若手の抜擢というのはどの世界でも賛否巻き起こりがちですが、珍しくネガティブな意見が本当に少なかったんですよ。本人の能力とヲタ人気と運営推し、そのバランスが取れているのが揉めなかった理由かなと思うんですが、そういうケースってなかなかないので感心しているし、本当に絶妙なタイミングでの起用で、運営いい仕事したなと。もちろんまだ始まったばかりだし、将来性や期待値込みで受け入れられた部分も多いにあるので、ここから先結果を出し続けてこそのエースではあるんだけど。

エースとかセンターとか言われるメンバーを好きになったのは久しぶりで(まあ結果的になっただけだけど)、アイドルグループのエース、真ん中に立つ人の資質って何だろうな〜と最近思ってて。私たちは内の人達ではないから、所詮結果論でしか語れないと思ってたけど、エースの資質みたいなものってやっぱりあるんだなってゆななを見てると思うんですよね。それはジャニーズ見てて思う事でもあるけど。某グラビア誌がゆななのことを『SKE48を取り巻くあらゆる「理屈」の外側からやってきた』って表現をしていて、本当にその通りだなと思って。ああエースってそういう存在の事なんだな、理屈じゃないんだなって。握手売ってるとか総選挙ランクインとか、ダンスが上手いとか歌が上手いとか、そういうのは裏付け、理由付けでしかなくて(アンチを黙らせるためには大事だけど)。ゆななに限らずこれってアイドルグループのエースになる存在全てに通じる事だと思うんですよ。理屈じゃない存在。ゆななが結果的に、絶妙なタイミングでセンターに選ばれたから言えるのかもしれないんだけど、でも本人がきっちり期待に応えた事やタイミングが絶妙だった事も含めて、エースの資質なんだろうなと思うわけです。

アイドルって「実力や結果を伴わない推されは支持されない」傾向って間違いなくあって、そういうドルヲタの一筋縄じゃいかない感じって個人的にはめちゃくちゃ好きだなって思っていて。「カッコイイ/可愛いだけじゃダメ」というよりは、もっと総合的にメンバーを見ているヲタが多いって事なんだと思うんですよ。だから現場人気の高いメンバーって大抵スキルメンだし、実際観るとその人気に納得しちゃう事も多いし。まあ芸能界って実力主義で結果主義の超絶シビアな世界なわけで、だからポテンシャルや事務所パワーだけでずっとエースを続けられるわけはなく、推された分に見合う活躍をしないといけないのは当たり前なんでしょうけど。

48Gはメンバーの人気を可視化する事で、もっと言えばヲタにメンバーを選せる事で、今の地位まで登りつめたグループで、それはそれでアイドルの新しい見つけ方だったとも思うし、そうやってでしか出てこれなかった子もたくさんいると思う。人気が後押しするのは真っ当な事だと思うし、そういう公平性もなくしちゃいけないと思う。でもヲタが見つけ出したアイドルというのはあくまで運営や事務所に対するカウンターでしかないんだよね。運営が推し出す存在がいるからこそ、ヲタが押し上げるメンバーが出て来られるんだなって。もう前提条件なんだよね。だからやっぱりエースやセンターは事務所や運営が責任持って決めるべきだなと改めて思ったし、結局私たちはその見る目ってやつを信じるかどうかなんだと。

エースの資質を語る上で今欠かせない存在と言えば、欅坂46のセンターの平手友梨奈ちゃんだと思うんですが(偶然にもゆななをとてちは同じ年で名古屋出身なんだけど)、てちは見事に「運営に作り上げられたセンター」で、しかもそれがドンピシャに成功したかなり特殊なパターンかなと思っていて。グループの初期メンバーという有利な条件を差し引いても、彼女は何もない状態から立派にエース、センターの役割を果たしていて、凄い子だなという気持ちと、まだ15歳の女の子にこんな役割を課せる運営怖いなという気持ちとで、ちょっと私は見ていてしんどいんですよね。てちを見てると、何かちょっとした事で崩壊してしまいそうで不安になる。儚そうに見えて実は芯が強いゆななとは、結構真逆で、なかなか興味深いんだけど、私はちょっと欅には疎いので遠目で見てるだけなんですが、2人がなんかの流れでライバル関係みたいになったら萌える。

JUMPには山田涼介っていう絶対エースがいて、彼が“絶対エース”と言われる所以は、ビジュアル、歌、演技、ダンスと全てのパラメーターにおいて完璧に近い数値を出して事務所から与えられたチャンスやファンからの期待に応え続けているからであり、それに対して何か言える人っている?って思うんですよ。私は山ちゃんがJUMPの真ん中にいる事に納得できない人なんていないと思ってて、メンバーの中にもヲタの中にも一般の人の中にも。もしこの世の中に山ちゃんがエースである事に納得いかない人がいるとしたら、その人はもしかすると「アイドルグループを応援する」って事が自体があまり向いてないんじゃないかな、とすら思うんですよね。そもそもそのメンバーのヲタしか認めてないエースなんてエースじゃないし。

山ちゃんに限らず、ジャニーズのエースだったりセンターだったりって言われるメンバーはみんなそうだなと思う。事務所が見つけてきた子が、ポテンシャルと運と実力と結果を伴って自分の価値を証明するっていうのはアイドルとして本当に正しいなって。これは強いなって。私は48Gはメンバーの評価をヲタに任せ過ぎたし、ハロは逸材を育てられなくなったなと思っていて、やっぱりジャニーズってすげぇって思ったんだけど、でも実際にその経過を見てきたハロや48Gと違ってジャニーズに関してはまだ1年ちょっとしか知らないので分からないよ。ずっとジャニーズを追ってきた人には近年のデビュー組や今のJr.なんかには色々思うところもあるのかなとは思いますけどね。なんかちょっと脱線してきた気がするのでこの辺で…おしまい。

f:id:nancy:20170722210126j:image

久々にロック画面をジャニ以外のアイドルにした。

推しの話がしたい。

JUMPのツアーが決まり、アルバムが決まり、シングルが決まり、なんかやっと10周年ぽい雰囲気になってきましたね。年明けから色々あるのかなと勝手に期待していたとこもあり、厳密に言えば今年の9月からが10周年に当たる1年間なわけなので、予定どおりなのかもしれないけど、だいぶ肩透かし食らってたのでやっと動き出した感じがして素直に嬉しいです。というわけで久しぶりにJUMPの話が出来たらなと思っていて、この数ヶ月本当にJr.の話ばかりで、もちろんそれは現場が多かったのが一番の理由なんですけど、ブログを振り返ったら、ほぼJr.の話でたまにNEWSって感じで、2月のシングル以来ほとんどJUMPの話をしてない。一応圭人くんの誕生日の時と大運動会の時に書いてはいるけど、運動会はちょっとJUMP担としてはアレなイベントだったし(あの後、Uちゃんも参加してた事が判明して話したんですけど「JUMPいる意味あった?」って言われてしまった…。ホントそれな…いや、やめよ)。

まあ去年書きたい事は書いちゃったし、グループとしての現場もなくリリースもなくじゃ書くネタないじゃんって話もあって、特にJUMPに関してはNEWSやJr.と比べると、一通りシングルもアルバムも聴いてDVDも観て、ライブも何度も観てきたから気持ち的に一段落しているのは否定しません。それにネタがないと言っても、それはグループの話であり、JUMPの個人活動はかなり充実している。それはすごくめでたい事なんだけど、でも私の場合JUMPの事を書いてない一番の要因は多分そこで…。まあハッキリ言うと圭人くんの個人仕事なさすぎ問題ですよ。最初から格差の激しいグループである事は分かっていたし、それについては自分なりに納得してはいたのだけど、さすがにここまで来るとちょっとな…と。でもそんな話をするのもなんか悔しいんですよね。JUMPの話はしたいけど、不満とか恨み節を書くのはもっと嫌で、でも今の気分で何を書いても最終的には愚痴になってしまうだろうな…とも思うし。まあ書くとスッキリはするので書きたい気持ちもあるんだけど、人を羨ましがったり現実を嘆くような事を、わざわざ文字に起こして人に見せる事に何か意味あるかなとか思って。なんかそんな事を考えていたら、どうも筆が遠のくのでした。どうせするなら楽しい話がしたい。

あとはまあ、やっぱり思いの外Jr.が話題豊富だったというのはある。ちょっと予想外でした。私はやっぱり現場が好きなので、だからこそJr.祭りに申し込むという気まぐれを発揮してしまったわけなんですけど、いざJr.を見るようになると、話には聞いていたもののメインじゃないにしても下手なデビュー組より全然現場の数も多いし、しかも私は今のJr.の中ではかなり推されているグループを好きになってて、なんというか「遠くの親戚より近くの他人」みたいな、遠くのデビュー組より近くのJr.みたいな事になってるわけですよ。なんか言ってて悲しくなるわ。しかもよりによって私このタイミングでJUMPのツアー全落しとるんですわ(さすがにJUMPのチケ運悪すぎる気がするんだけど…去年の年末年始も大変だったのにさー)…。まあ横アリ・連休・後払いでって時点で嫌な予感しかしなかったけど、本格的にJUMPの現場離れが深刻になるんじゃなかろうかとヒヤヒヤしている。だって同じぐらい好きなら現場が多いほうがいいってなるだろうよ。まあドームの追加はあるだろうと思っているんだけど、それだって取れるか怪しいし、本当にもうデジチケとかを導入する前に会員証の精査とアリーナクラスの本人確認徹底しよ。

この間、推し変について書いた事もなんだかんだズシッと身に沁みていて、まあ結局のところ自分の萌えのリソースがかなり分散されているんだなというのは自覚してますし、推し増しする事は容易いけど、全方位に100%で立ち向かうには気力も体力も時間も経済力も足りないし、その分JUMPや圭人くんに割く割合は減っているんだろうな〜と。つまり何が言いたいかと言うと、JUMPツアー取れなくて辛いのと、圭人くんにお仕事ください! おしまい。