アイドル好きのメモ帳

ハロプロ、48Gを経てジャニ沼に落ちた人の自己満ブログです。

エースの資質。

『Precious Girl / Are You There?』がリリースされて、ちょっと久しぶりにJUMPを聴いています。3月から完全にNEWSモードに入っていたので、丸3ヶ月ぐらいは、見事に全く聴いてなくて、なんなら『OVER THE TOP』もあまりじっくり聴き込んでなかったので、アルバムまではこの2シングルちゃんと聴こーと思ってます。前述の通りツアーの横アリ全落でかなりテンションが下がっていたのだけれど(まあその他にも色々理由はありますが)、やっぱりJUMPいいなーと思ってちょっと元気になってきました。ただシングルとしては、私がJUMPにハマってから出た中では、一番印象に残らないシングルになりそう。まあ気にいるかどうかというのは、ある程度聴く側のモチベも影響すると思うんで、NEWSとかJr.に揺らいでて以前よりJUMPに興味を持ててないのかもしれないなーとは思ったんですけど、んーでもメッチャ好みの楽曲があったら好きってなってるとも思うし。流れで聴いてる『OVER THE TOP』の収録曲はやっぱり好きだなと思うし。

というわけで、新曲の話をするつもりだったのですが、ちょっと保留で。でも1ヶ月以上更新出来ないのもぐぬぬなので、今回はちょっと別の話をしたいなと思います。ジャニどっぷりになっている私がまだ辛うじて動向を追っているSKE48の小畑優奈ちゃんが新曲でセンターに抜擢されたんです。ゆななは近年の48Gの中では稀に見る理想的な成長していて、若手の抜擢というのはどの世界でも賛否巻き起こりがちですが、珍しくネガティブな意見が本当に少なかったんですよ。本人の能力とヲタ人気と運営推し、そのバランスが取れているのが揉めなかった理由かなと思うんですが、そういうケースってなかなかないので感心しているし、本当に絶妙なタイミングでの起用で、運営いい仕事したなと。もちろんまだ始まったばかりだし、将来性や期待値込みで受け入れられた部分も多いにあるので、ここから先結果を出し続けてこそのエースではあるんだけど。

エースとかセンターとか言われるメンバーを好きになったのは久しぶりで(まあ結果的になっただけだけど)、アイドルグループのエース、真ん中に立つ人の資質って何だろうな〜と最近思ってて。私たちは内の人達ではないから、所詮結果論でしか語れないと思ってたけど、エースの資質みたいなものってやっぱりあるんだなってゆななを見てると思うんですよね。それはジャニーズ見てて思う事でもあるけど。某グラビア誌がゆななのことを『SKE48を取り巻くあらゆる「理屈」の外側からやってきた』って表現をしていて、本当にその通りだなと思って。ああエースってそういう存在の事なんだな、理屈じゃないんだなって。握手売ってるとか総選挙ランクインとか、ダンスが上手いとか歌が上手いとか、そういうのは裏付け、理由付けでしかなくて(アンチを黙らせるためには大事だけど)。ゆななに限らずこれってアイドルグループのエースになる存在全てに通じる事だと思うんですよ。理屈じゃない存在。ゆななが結果的に、絶妙なタイミングでセンターに選ばれたから言えるのかもしれないんだけど、でも本人がきっちり期待に応えた事やタイミングが絶妙だった事も含めて、エースの資質なんだろうなと思うわけです。

アイドルって「実力や結果を伴わない推されは支持されない」傾向って間違いなくあって、そういうドルヲタの一筋縄じゃいかない感じって個人的にはめちゃくちゃ好きだなって思っていて。「カッコイイ/可愛いだけじゃダメ」というよりは、もっと総合的にメンバーを見ているヲタが多いって事なんだと思うんですよ。だから現場人気の高いメンバーって大抵スキルメンだし、実際観るとその人気に納得しちゃう事も多いし。まあ芸能界って実力主義で結果主義の超絶シビアな世界なわけで、だからポテンシャルや事務所パワーだけでずっとエースを続けられるわけはなく、推された分に見合う活躍をしないといけないのは当たり前なんでしょうけど。

48Gはメンバーの人気を可視化する事で、もっと言えばヲタにメンバーを選せる事で、今の地位まで登りつめたグループで、それはそれでアイドルの新しい見つけ方だったとも思うし、そうやってでしか出てこれなかった子もたくさんいると思う。でもヲタが見つけ出したアイドルというのはあくまで運営や事務所に対するカウンターでしかないんだよね。運営が推し出す存在がいるからこそ、ヲタが押し上げるメンバーが出て来られるんだなって。もう前提条件なんだよね。だからやっぱりエースやセンターは事務所や運営が責任持って決めるべきだなと改めて思ったし、結局私たちはその見る目ってやつを信じるかどうかなんだと。

JUMPには山田涼介っていう絶対エースがいて、彼が“絶対エース”と言われる所以は、ビジュアル、歌、演技、ダンスと全てのパラメーターにおいて完璧に近い数値を出して事務所から与えられたチャンスやファンからの期待に応え続けているからであり、それに対して何か言える人っている?って思うんですよ。私は山ちゃんがJUMPの真ん中にいる事に納得できない人なんていないと思ってて、メンバーの中にもヲタの中にも一般の人の中にも。もしこの世の中に山ちゃんがエースである事に納得いかない人がいるとしたら、その人はもしかすると「アイドルグループを応援する」って事が自体があまり向いてないんじゃないかな、とすら思うんですよね。そもそもそのメンバーのヲタしか認めてないエースなんてエースじゃないし。

山ちゃんに限らず、ジャニーズのエースだったりセンターだったりって言われるメンバーはみんなそうだなと思う。事務所が見つけてきた子が、ポテンシャルと運と実力と結果を伴って自分の価値を証明するっていうのはアイドルとして本当に正しいなって。これは強いなって。私は48Gはメンバーの評価をヲタに任せ過ぎたし、ハロは逸材を育てられなくなったなと思っていて、やっぱりジャニーズってすげぇって思ったんだけど、でも実際にその経過を見てきたハロや48Gと違ってジャニーズに関してはまだ1年ちょっとしか知らないので分からないよ。ずっとジャニーズを追ってきた人には近年のデビュー組や今のJr.なんかには色々思うところもあるのかなとは思いますけどね。なんかちょっと脱線してきた気がするのでこの辺で…おしまい。

f:id:nancy:20170722210126j:image

久々にロック画面をジャニ以外のアイドルにした。

推しの話がしたい。

JUMPのツアーが決まり、アルバムが決まり、シングルが決まり、なんかやっと10周年ぽい雰囲気になってきましたね。年明けから色々あるのかなと勝手に期待していたとこもあり、厳密に言えば今年の9月からが10周年に当たる1年間なわけなので、予定どおりなのかもしれないけど、だいぶ肩透かし食らってたのでやっと動き出した感じがして素直に嬉しいです。というわけで久しぶりにJUMPの話が出来たらなと思っていて、この数ヶ月本当にJr.の話ばかりで、もちろんそれは現場が多かったのが一番の理由なんですけど、ブログを振り返ったら、ほぼJr.の話でたまにNEWSって感じで、2月のシングル以来ほとんどJUMPの話をしてない。一応圭人くんの誕生日の時と大運動会の時に書いてはいるけど、運動会はちょっとJUMP担としてはアレなイベントだったし(あの後、Uちゃんも参加してた事が判明して話したんですけど「JUMPいる意味あった?」って言われてしまった…。ホントそれな…いや、やめよ)。

まあ去年書きたい事は書いちゃったし、グループとしての現場もなくリリースもなくじゃ書くネタないじゃんって話もあって、特にJUMPに関してはNEWSやJr.と比べると、一通りシングルもアルバムも聴いてDVDも観て、ライブも何度も観てきたから気持ち的に一段落しているのは否定しません。それにネタがないと言っても、それはグループの話であり、JUMPの個人活動はかなり充実している。それはすごくめでたい事なんだけど、でも私の場合JUMPの事を書いてない一番の要因は多分そこで…。まあハッキリ言うと圭人くんの個人仕事なさすぎ問題ですよ。最初から格差の激しいグループである事は分かっていたし、それについては自分なりに納得してはいたのだけど、さすがにここまで来るとちょっとな…と。でもそんな話をするのもなんか悔しいんですよね。JUMPの話はしたいけど、不満とか恨み節を書くのはもっと嫌で、でも今の気分で何を書いても最終的には愚痴になってしまうだろうな…とも思うし。まあ書くとスッキリはするので書きたい気持ちもあるんだけど、人を羨ましがったり現実を嘆くような事を、わざわざ文字に起こして人に見せる事に何か意味あるかなとか思って。なんかそんな事を考えていたら、どうも筆が遠のくのでした。どうせするなら楽しい話がしたい。

あとはまあ、やっぱり思いの外Jr.が話題豊富だったというのはある。ちょっと予想外でした。私はやっぱり現場が好きなので、だからこそJr.祭りに申し込むという気まぐれを発揮してしまったわけなんですけど、いざJr.を見るようになると、話には聞いていたもののメインじゃないにしても下手なデビュー組より全然現場の数も多いし、しかも私は今のJr.の中ではかなり推されているグループを好きになってて、なんというか「遠くの親戚より近くの他人」みたいな、遠くのデビュー組より近くのJr.みたいな事になってるわけですよ。なんか言ってて悲しくなるわ。しかもよりによって私このタイミングでJUMPのツアー全落しとるんですわ(さすがにJUMPのチケ運悪すぎる気がするんだけど…去年の年末年始も大変だったのにさー)…。まあ横アリ・連休・後払いでって時点で嫌な予感しかしなかったけど、本格的にJUMPの現場離れが深刻になるんじゃなかろうかとヒヤヒヤしている。だって同じぐらい好きなら現場が多いほうがいいってなるだろうよ。まあドームの追加はあるだろうと思っているんだけど、それだって取れるか怪しいし、本当にもうデジチケとかを導入する前に会員証の精査とアリーナクラスの本人確認徹底しよ。

この間、推し変について書いた事もなんだかんだズシッと身に沁みていて、まあ結局のところ自分の萌えのリソースがかなり分散されているんだなというのは自覚してますし、推し増しする事は容易いけど、全方位に100%で立ち向かうには気力も体力も時間も経済力も足りないし、その分JUMPや圭人くんに割く割合は減っているんだろうな〜と。つまり何が言いたいかと言うと、JUMPツアー取れなくて辛いのと、圭人くんにお仕事ください! おしまい。

ネバーランドから帰還。

『NEVERLAND』に行ってきました、ドーム2日間楽しんで来ました。はー、最高。ほんとに素晴らしかったです。なんかライブ前にいらん事いっぱいあってどうなる事かと思いましたが…問答無用でしたね。結局最高のパフォーマンスを見せる事以上に重要な事なんてないよなーっていうのを実感したし、NEWSは期待以上に完璧なアイドルでした。キャーキャー言ってきました。

1日目は一般の友人と、2日はぼっちで参戦。友人は基本的に音楽畑の人なので、アイドルとしてというよりは歌手として楽しんでくれていて、そういう意味ではJUMPじゃなくてNEWSに連れて行ったのは正解だったかなと。私が始めて東京ドームにジャニーズのコンサートを観に行ったのは5人時代のKAT-TUNだったんですが、その時の感想が「ほぼディズニー」と「これで8000円安すぎ」だったんだけど、友人がほぼ同じこと言ってて笑った。

感想は箇条書きでざばっと。

  • 私はコンサート会場でお客さんを見るのがわりと好きで、始まる前に場外をウロウロして客層が見てたんだけど、見事に老若男女揃ってて面白かった。親子連れやカップルも多いし、もちろんガッツリ双子コーデ決めた若い子もいれば、普段着な人もいて、
  • 無線操作のペンライト使い方良かったー。徹底して世界観作ってくるところホント好き。
  • 結局買わなかったけど、ツアーTが可愛かった。てかグッズが全般可愛かった。
  • うちわが思ったより少なかった。これも年齢層の問題かもしれないけど、JUMPとかJr.ほど認知厨やリア恋が少ないってことなのかな。
  • 1日目は三塁側で、スタンド10列以内で。サブステとかトロッコが近すぎてクラクラした…。
  • 今回のアルバム曲の中でタイトル曲の『NEVERLAND』はかなり好きなのだけど、一曲目の演出がすごいカッコよくて嬉しかった。
  • シゲのソロがなんかあまりにもシゲっぽくてちょっと笑ってしまった。なんかシゲって一見クールな感じのくせに中二っぽいこと似合うよなあ。あのビジュアルだからかなあ。
  • 小山さんのソロ、犬飼いの友人が泣きそうになってた。1日目は気づかなかったけど、2日目は小山さんも泣いてたなー。
  • そして『フルスイング』で泣く小山さん定期。推せる。
  • MCの面白さが尋常じゃない。告知とかもほぼないし、台本もなくダラダラ喋っているだけっぽいのに面白いのすごい。あと一生懸命喋ってるシゲが愛おしすぎてホント好きになる。
  • 小山さんがちょいちょいアレなネタ挟んでくる。笑って良いのかよく分からないので個人的にはちょっと微妙。
  • まっすーのソロはただただ聴き入ってしまった。なんかもう強い。
  • 全部素晴らしかったけど一番好きなのは、まっすーソロから『さくらガール』までの流れ。ここに『BYAKUYA』加わったの私得すぎる。最高すぎて終わった時しばらく呆然としてしまた。
  • 『ミステリア』好き。ホント好き。ダンスも良かったな…。
  • 衣装で一番好きなのもこのターンかな。ピンクとクロの衣装が可愛いかった。
  • 『BYAKUYA』ありがとうございます!!!!神様〜。
  • 『Silent Love』のまっすーのカッコよさが天元突破していたと私達の中で話題に。
  • 手越さんソロ。18禁とか言われてたからどんな事になっているのかと思ったけど、個人的には想定の範囲内だったかなと。エロいけどなんか手越さんのエロってちょっと品があるんだよな…とか思って見てました。何でだろうな。やっぱり中二っぽいからかな。テレがないかな。
  • 『バンビーナ』まっすーはセリフのストレートなエロさよりも、醸し出される色気が尋常じゃないんだよなあ…という事を思い知りました。
  • 『U R not alone』で歌い出しに詰まるまっすーがまず泣けるし、一緒に歌うシゲがフォローしてるの見てさらに泣ける。
  • 2日目は1塁側の後方だったんだけど、前席10列目まで潰れてるので実際の座席より近い! あとメインステージに対してかなり鋭角な席だったので、列数で言うと1日目のほうが全然若いのにメインステージは2日目の方が近かった。やっぱメインステージが近いのは良いなー。
  • 2日目MCでまさかの『あやめ』3人でワンコーラス。狂ってる。最高。無駄にクオリティの高いテゴマスと、高所恐怖症のくせにクレーン登った小山さんのシゲ愛が強すぎて。
  • 『あやめ』始まってJr.たちが途中で出てきた時、MC中でのんびりしてたのに裏側大慌てだったろうな〜と思ってホッコリした…。
  • 『U R not alone』本当にいい歌。アンコやラスト曲の定番になりそう。観客に歌わせるのって、正直私はそんなにガッツリ歌うわないほくの人間なんだけど、普通に全力で歌ってしまった。感動っていうか、なんか歌うって楽しいなーって思ったでも3回はちょっと歌わせすぎじゃない? アレ毎回やってたのかな…)。
  • 手越さん…あの流れで最後の最後に泣くの反則だわ。

あとはちょっと思ったことを書いていきますね。4人で東京ドームやるのってかなり難しい事だと思うんですよ。どんなにメンバーに魅力があって力があっても、もう純粋にキャパ的に。少人数での見せ方に工夫がいるに決まっているので。KAT-TUNの4人も本当にすごいなと思ったし、あとジャニーズじゃないけどPerfumeの東京ドームも本当にすごいなと思ったのだけど、NEWSもその2組に全く引けを取らない素晴らしさだった。どちらも比較的良い席で見れたからというのもあるかもしれないけど、でもきっとどの席でもめちゃくちゃ楽しい時間を過ごせてたと思う。

そしてまっすーの現場人気の高さよ。まあそんな気はしてたんだけど、でも他の3人と比べるとメディア露出がちょっと少なくて、キャラがないキャラみたいないじられ方もされてたし、本人もあんまりガツガツ前に行くタイプじゃなさそうだし、どうなのかなってちょっと思ってて。でももうパフォーマンスの説得力がすごいなと。現場で観ないと魅力が伝わりにくいタイプっているし、JUMPで大ちゃんが現場人気高いのにも通じるなと思う。大ちゃんはオールマイティタイプで、バランスの良さというか平均点の高さにすごく納得した記憶があるのだけど、まっすーはその上位互換って感じで、すべての数値がめちゃくちゃ高い上に、歌っていう武器があるのが強みだなって。まあ歌に関しては手越さんもめちゃくちゃ上手いし、どっちが上手いってのは言い切れないというか、そこはもはや好みの問題かなとも思うんだけど、まっすーは可愛い曲は可愛らしく、爽やかな曲は爽やかにみたいに曲によって使い分けるのが上手いなというのと、その辺見せ方が丁寧だなって思って個人的にはまっすーに軍配上がる感じ。手越さんも多分歌い分け出来るだろうけど、彼の今のスタイルではそこはそんなに重要じゃないのかなって思った。手越さんがバリバリ原色のみで構成されているのに対して、まっすーは色数が多いようなそんな感じ。友人はまっすーが良かったとしきりに褒めていた。

あとワンハーフの曲があまり気にならなかった。アイドルのライブでよく思うのが、「あの曲フルで聴きたかったなー」なんだけど、それがほとんどなかった。3時間弱で36曲もやってるわけなのでワンハーフの曲それなりにあったと思うんだけど、不思議だったなー。まあ4人で確実に1コーラス以内に全員のソロパートあるからってのはあると思うんだけど(JUMPはそのせいで何度も不満を感じたわけだが…)、セトリの流れが良いとかもあるのかな。

MCが面白かったなー。なんか素直に笑いながらMC見たの久しぶりな気がする。最近のバラエティとかラジオとかでわかってたけどNEWSむちゃくちゃ面白いな? メンバーいじりってさじ加減難しいところあるけど、ただただ3人のシゲへの愛ばかりが伝わってくるシゲいじり。1日目もすごく面白かったけど2日目が特にやばかった。3人でシゲのソロ曲歌い出すとか…もう自由っていうレベルじゃない。NEWSのMCはきっとそういうスタイルでずっと来ているんだろうし、何かを狙ってやっているわけでもないんだろうけど、なんていうかサービス精神というか…ファンとの信頼関係あっての悪ふざけな気もするし、テレビ収録もDVD収録も入っているオーラスでこれやるかーっていう…。ライブパートとの落差もすごいし。マジで高低差ありすぎて耳キーンってなるわ。

そんでNEWSの圧倒的家族感ね。すごくベタベタイチャイチャするわけでもないし、友達というよりは仲間というかチームメイト感のほうが強いなとは思っていたけど、もうアレは家族だな。これはアフターで飲んでいた時に友人に言われて気づいた事なんだけど、ツアー中に起きてたアレコレや雑音についてメンバー同士はどう思っているのかなって話になった時に、友人が「もう家族みたいなもんなんじゃない。何か問題が起きても見捨てないし支えていくのが家族じゃん」って言ってて、本当にそのとおりだなって。もう、ちょっとやそっとの事では揺るがないし、何があっても一蓮托生というか、そうやってやっていく覚悟の出来ている人たちなんだろうなって。それって家族レベルの信頼関係だよなと。本当に。

あと悩んだんだけど、ついでにその話をしようと思います。今年の頭から小山さんの件が立て続けにあって、そのままツアーに突入して、ツアー中のファンの言動だったり、真偽の程は私にはわからないけど(ネットでやたら声ばっか大きいオタクの事は信用してないんで)ずっと騒がしくて、それがやっと落ち着いたなと思ったら手越さんに着弾して。個人的にはスキャンダル的なことに関しては、犯罪さえ犯さないでくれたらそれでいいと思っているのであんまり気にはしてないんだけど、ただそういうムードをライブに持ち込まれるのは昔からちょっと苦手なんですよ。謝罪とか言い訳は聞きたくないし、変に感傷的だったり見るからにテンション低かったり、そういうのをステージで観たくないな…ていうのがあって。で、ドームの2公演に関してはそういうのはほぼ感じられなかったので、ああ、みんなプロでよかった(MCで若干余計なこと言ったけど)なと思いました。

とは言えですよ。そもそも書かれてしまうような行動を迂闊に取ってることも、簡単に情報流すような交友関係を持っちゃってることも、否定はしないけど、アイドルとしては欠点であり弱点だと思うし、やっぱり応援してくれるファンをガッカリさせるのは、アイドル失格だなって思ってます、私は。遊ぶなとか恋愛するなとかいう次元の話ではなく、むしろどこまでアイドルという仕事を真剣に考えているかっていう話だと思う。手越さんが色々オープンなのもキャラの範囲内だから面白いのであって、絶対見せちゃいけない裏側ってアイドルなら誰しもあるわけで、それを隠し通すのも仕事のうちなんじゃないかなと。プロ意識の高い手越さんだからこそ、そこも頑張ってほしいなと思います。もう子供じゃないんだし。

なんかね、前回NEWSのことについて書いたエントリが、メンバーのネガディブな話題が出る度に上がってくるのが凄く哀しくて(てかずっと注目の記事トップにいる…)、やっぱり手越さんで検索してくる人が一定数いるんだと思うんですよね。以前、伊野尾さんの件でちょっと書いた時に、自分としてはそういうスキャンダルに対する考え方というか、意識の話をしたかっただけだったんだけど、でも結局何を書いてもネガキャンにしかならんのだな…という事も実感してしまったので、極力その辺の話はスルーしていきたいなって思ってたんですけど…無理に避けているのもそれはそれで気持ちが悪いので書いてしまいました。後味悪い感じになってたらすみません。おしまい。

f:id:nancy:20170613092829j:image